1. トップ
  2. 恋愛
  3. とろけちゃう♡男を夢中にするキスの仕方

とろけちゃう♡男を夢中にするキスの仕方

  • 2021.1.25
  • 4279 views

突然ですが、あなたはキステクニックに自信はありますか?
彼とのキスがマンネリ化している、たまには自分がリードしたい!と思っている方もいるのではないでしょうか。
今回は、彼を夢中にさせるキスの仕方をご紹介します。

|唇と口臭のケアを忘れずに

「キステクニックの記事なのに、突然ケアの話?」と思われた方もいると思いますが、ガサガサの唇では濃密でとろけるようなキスはできません。
リップクリームやリップバームで日頃からケアをしておきましょう。

意外と忘れがちなのが口臭ケア。
朝にしっかり歯磨きしていても、時間が経つと口臭は発生します。
口臭ケア用のスプレーやタブレットを常にカバンの中に忍ばせておきましょう。

|まずはじっと彼の目を見つめて

キスの前には雰囲気づくりも大切です。まずは彼の目を見つめてみましょう。

男性は、女性から見つめられるとドキドキしてしまいます。
キスの直前であれば至近距離で彼の目を見つめられるので、「なんだか可愛いな…」と思わせることができます。

ちょっとあざとく上目遣いをしてみたら、彼の心拍数は急上昇間違いなし!

|焦らしテクニックを使ってみよう

雰囲気づくりができたらいよいよキス…でも、ただ唇を重ねるだけでは彼をトリコにできません。

唇に触れそうで触れない距離でキープする、軽く唇に触れたらすぐ離すなど、焦らしテクニックを使うことで彼のキス欲を高めることができます。

頬や腕、身体を触りながら焦らすことで、きっと彼は我慢できなくなってキスを求めてくるでしょう。

|唇を少し開いて、より深いキスに誘おう

キスをするとき、唇を固く閉じていませんか?

焦らす段階では閉じていても問題ありませんが、より深くとろけるキスをするためには唇の力を抜いて少し開くようにしてみましょう。

こうすることで、時間が経つにつれて舌を絡めたディープなキスに変化していきます。

キスが上手にできると、あなたの魅力はもっと上がるはず。
ここで紹介したテクニックはほんの一例ですが、彼との交際期間や関係性に合わせて自分なりのテクニックを磨いていってくださいね。

元記事で読む