1. トップ
  2. ファッション
  3. これが2021年アラサーの3大モテ服!「あえての青」「暖かい服」「揺れる服」

これが2021年アラサーの3大モテ服!「あえての青」「暖かい服」「揺れる服」

  • 2021.1.25
  • 6377 views

不特定多数の目線を気にして自分がなくなるのはイヤだけど好きな人に〝可愛いね〞って言われるのはやっぱり嬉しい。着ている私のオシャレ心も満たされて、隣にいる彼と調和する――そんな着こなしを、フェミニン派スタイリスト乾さんに聞きました。

モテ服の極意1.「優しい色に癒される」

鬱々とした気分になる今、色で気分を上げることも大切。白Tを挟めばぐっと着やすいから挑戦できそう。メンズも着るブルーのワントーンなら、一緒にいる彼も自然とリラックス。たまには黒封印、もいいかも。

媚びてない、あざとくない自然体でいられるニット×スカートの装い
「清潔感のあるブルーのニットに、淡いトーンのレザープリーツスカートを。inせずにほどよく体が泳ぐ、リラックスできるシルエットがポイント」ニット¥32,000レザースカート¥98,000(ともにebure)Tシャツ¥13,000(THIRD MAGAZINE/THIRD MAGAZINE)ストール¥69,000(ベグアンドコー/ボーダレス)ピアス¥53,000(ウノアエレ/ウノアエレ ジャパン)スニーカー¥72,000(ピエール アルディ/ピエール アルディ東京)バッグ¥124,000(JIMMY CHOO)【メンズモデル】ブラックコート¥69,000フーディ¥34,000(ともにエイトン/エイトン青山)パンツ¥23,000(アッパーハイツ/ゲストリスト)スニーカー¥14,000(コンバースインフォメーションセンター)

モテ服の極意2.「暖かそうで、安心する」

〝寒くないの?〟…薄着でいると心配する彼。でも防寒だけに特化してもオシャレじゃないから、 羽織るだけで今どきなニットアウターを主役に。 あったかいと装いも気分もハッピーになれる!

ワンツーコーデも洗練される華やかなベージュとエクリュ
「冬こそこんな、ベージュ~白の明るいコーディネートが着たくなります。カーデとマフラーが一体になったニットアウターを主役に」カーディガン¥32,000(カデュネ)タートルニット¥26,000(ebure)パンツ¥27,000(マザー/サザビーリーグ)ハット¥22,000(VAN PALMA/essence of ANAYI)グローブ¥15,000(ソフィア ガンツ/ウィム ガゼット ルミネ新宿店)ピアス¥30,000(リューク/ストローラーPR)バッグ¥179,000(トッズ/トッズ・ジャパン)

モテ服の極意3.「揺れるモノにやっぱり弱い…」

彼も着るマウンテンパーカに、あえて揺れるスカートを合わせてみる。好きなものは変わらないけど、付き合いが長くなればなるほどマンネリ化しがち。いつも同じではない、少しずつ更新している女でありたい。

揺れるシルエットに艶やかな質感をスポーティにアレンジ
「彼ウケする艶やかで揺れるスカートをリラックスして見せるなら、マウンパといっしょに」スカート¥21,000(ウィム ガゼット/ウィム ガゼット ルミネ新宿店)ブルゾン¥28,000(LE PHIL/LE PHIL NEWoMan新宿店)ニット¥14,000(カデュネ)サングラス¥38,000(アイヴァン/アイヴァンPR)ピアス¥170,000(ウノアエレ/ウノアエレ ジャパン)ブーツ¥138,000 バッグ¥179,000(ともにJIMMY CHOO)【メンズモデル】ジャケット¥69,000(エイトン/エイトン青山)Tシャツ¥10,500(スローン)デニムパンツ¥37,500(フォロー/エストネーション)スニーカー¥6,500(コンバースインフォメーションセンター)

教えてくれたのは…

乾 千恵さん
CLASSY.やSTORYで活躍する敏腕スタイリスト。リラックス感と華やかさを両立した、フェミニンなスタイリングに定評あり。プライベートでの着物スタイルを特集したCLASSY.ONLINEの記事も人気。愛称は〝コアラちゃん〟。

撮影/金谷章平 モデル/阪井まどか、神庭昇平、トット ヘアメーク/川村友子 スタイリング/乾 千恵 取材/清水亮子

元記事で読む