1. トップ
  2. ダイエット
  3. 【ボディーワーカー森拓郎のダイエット道場】酔っ払うと体脂肪をため込みやすい。その手前が太らないお酒の適量

【ボディーワーカー森拓郎のダイエット道場】酔っ払うと体脂肪をため込みやすい。その手前が太らないお酒の適量

  • 2021.1.24
  • 586 views

ボディワーカー 森拓郎のダイエット道場

教えてくれたのは…

ボディメイクの救世主

森拓郎さん

運動指導者。パーソナルトレーニングジム「rinato」、小顔・美容矯正サロン「ルポルテ」をプロデュース。独自のボディメイク理論を数々のメディアに発信し、Twitterのフォロワー数は8万超。著書は『ボディメイクストレッチ』(SBクリエイティブ)ほか多数。
Twitter:@moritaku6

ボディワーカー 森拓郎
Q.晩酌がやめられません。お酒をやめなくてもダイエットできる?

甘いお酒、油っこいつまみを避ければOK

お酒はやめなくてもダイエットはできます。ただ、何をどれくらい飲むのかが問題。アルコールのカロリーはグラムあたり約7キロカロリー。たんぱく質などの栄養素に比べて熱に変わりやすい、つまり脂肪に変わりにくい性質を持っています。でも大量に飲んでいいわけではありません。アルコールを摂取すると、胃や小腸で吸収され、その多くは肝臓で代謝されます。肝臓の代謝力には個人差がありますが、酔っているときはアルコールが肝臓で代謝しきれずに、血中を回っている状態。酔うまで飲むとアルコールも体脂肪としてため込みやすくなるので、その手前でやめるのが適量。また、お酒を飲むと肝臓がアルコールを代謝するのに精一杯で、食事で摂取した栄養を代謝できず、体脂肪として蓄えられやすくなります。そんなときに糖質の多い甘いお酒や、揚げ物などのつまみを一緒にとれば当然太ります。つまみは脂質の少ないものを選びましょう。

つまみは脂質の少ないものを選びましょう
Q.ダイエットに冷えは大敵というけど、サウナ後の水風呂もだめ?

急激に冷やすことは代謝アップ。慢性的な冷えは代謝ダウン

体を“冷やす”ことと、体の“冷え”は違います。サウナの後、水風呂に入って急激に体を冷やすと、体は積極的に熱をつくろうとするので代謝が上がり、ダイエット的にはOK。一方、慢性的に体が冷えている場合は、代謝が落ちています。ダイエットに冷えは大敵というのは慢性的な冷えのこと。また、特に女性の場合、お腹が冷えていると便秘や生理痛などの不調の原因にも。冷えやすい人は腹巻きをしたり、股関節まわりの筋肉がつくと腹部の血流がよくなるので、積極的に歩くこともおすすめです。

酔っ払うと体脂肪をため込みやすい。その手前が太らないお酒の適量

撮影/恩田亮一 イラスト/腹肉ツヤ子 取材・文・構成/山本美和

元記事で読む