1. トップ
  2. インテリア
  3. 冬の部屋に彩りを♡ステンドグラスのアイテムで楽しむほっこりインテリア

冬の部屋に彩りを♡ステンドグラスのアイテムで楽しむほっこりインテリア

  • 2021.1.13
  • 3348 views

暖かい家の中でゆったり過ごしたくなる冬。今季はウイルスの影響もあり、家で過ごす時間がより長くなりそうです。そんなときも、部屋のなかをほっとくつろげる空間にしてくれそうなアイテムを見つけました。「glass MA(グラス エムエー)」が作り出す、やさしげなステンドグラスのインテリア雑貨です。

手にした方の笑顔を想って作られるステンドグラスのアイテム

沖縄の自宅兼アトリエで製作をする「glass MA(グラス エムエー)」。ステンドグラスを使用し、さまざまな照明や鏡などを手作りしています。

ガラス製作には長く携わっていましたが、ステンドグラスに行きつくまでには道のりがあったそう。インダストリアルデザインを学んでいた学生の頃、卒業後の進路を考えたときに初めてガラスが好きだと気付き、小さな宙吹きガラスのアトリエへ就職。ところが健康上の理由で、5年ほどでそこを辞めることになってしまいます。

一旦リセットしたいと、全く別の分野でアルバイトなどをして数年。ある日、なにげない気持ちでステンドグラスのワークショップに参加しました。そのとき、まるでガラス製のパズルを作っているような感覚に心惹かれたそう。「これであれば、好きだったガラスに触れながら無理なくものづくりができるかもしれない」と、再度製作の道を歩き出して今に至ります。

製作では、全体像を考えてさまざまな美しい板ガラスから最適なものを選んでパズルのピースを一つひとつ作り出しています。それらがきれいにピタッとはまったときは至福の瞬間なのだとか。
「そうしてできあがった作品が、人の心をほぐしたり表情をゆるめたり、ともすれば生涯の暮らしに寄り添うことができるものになれば。」そんな想いで、手にした方が箱を開いたときに笑顔になってくれる場面を想像しながら、日々手を動かしているそうです。

どんなアイテムがあるか、早速見ていきましょう。

穏やかに辺りを照らす、花モチーフとケルティック模様のライト

北欧風の花のモチーフが並び、かわいらしさとモダンな雰囲気も感じさせるテーブルライト。花の周りには、ヨーロッパの伝説や神話を数多く生み出してきたケルト文化に伝わる伝統的な模様が刻まれたガラスが使われています。灯りをつけると美しい模様がふわりと浮かび上がり、柔らかな光が辺りを包み込みます。
ゆったりと過ごしたい夕暮れどきや夜寝る前にこちらを灯せば、穏やかで静かなひとときを運んできてくれるはず。

ケルティック模様と青い花のテーブルライト
22,600円(税込)

冬の空気に似合う色合いの一輪挿し

こちらは、複数のガラス板で作られたブロックのような一輪挿しです。
写真左はもやがかかったようなホワイトのガラスと、すりガラスのような凹凸がある透明のガラスが使われていて、雪や氷を思わせます。
写真右は鮮やかなターコイズブルーと、上でご紹介したライトの背景と同じケルティック模様が入ったグリーンのガラスの組み合わせ。クリーンな印象の2色は冬の澄んだ空気に似合いそう。
さらに今後はほかのカラーでの製作も予定されているとのこと。どんな色の組み合わせが見られるか楽しみですね。

写真左:ガラスブロックの一輪挿し【冬】
写真右:ガラスブロックの一輪挿し【c】
各5,100円(税込)

果実と葉っぱの繊細な表情を表した鏡

果実と葉っぱを表現したステンドグラスが添えられた鏡は、果実にグリーン、葉っぱにブラウンのガラスが使われていてシックな印象。グリーンはほのかに色味が違う2色で果実の個性が表れており、葉っぱは葉脈までが描かれていてとても繊細です。
ベースには、裏面に凹凸がある透明のガラスが2種類使われています。ひとつはケルティック模様で、もうひとつはハンマードと呼ばれる、金槌で打ちつけたような凹凸の模様あるガラスです。ヒモで壁に引っ掛ける仕様のため、壁との間にかすかな隙間ができて光を透かし、キラキラと輝くと同時に美しい影ができるのも特徴。アートのように部屋を彩る鏡です。

カジツノカガミ(pattern)
22,600円(税込)

味わい深いガラスのアイテムでインテリアを楽しもう

glass MAが使用する板ガラスは、同じ品番でも色合いが少しずつ異なったり、泡や筋の入ったものなどがあるそう。味のあるガラスの表情をぜひ楽しんでください。

ご紹介した以外にも、さまざまな照明や鏡などが販売されています。Soldoutとなっているアイテムも再販の希望があれば製作が可能なものもあるとのことなので、気になるものがあれば問い合わせてみてはいかがでしょうか?寒い冬を過ごす部屋に温かみを添えてくれるステンドグラスのアイテムを、あなたも迎えてみませんか?

writer / ゆりか photo / glass MA

取材協力

glass MA(グラス エムエー)
https://www.iichi.com/shop/H1394123

元記事で読む