1. トップ
  2. ファッション
  3. 着膨れ問題どう解決する?野暮ったくならないダウンコート・ジャケットの着こなし術

着膨れ問題どう解決する?野暮ったくならないダウンコート・ジャケットの着こなし術

  • 2021.1.13
  • 17241 views

ダウンアウターをスマートに着こなそう

冬のあったかスタイルに欠かせないダウンコートやダウンジャケット。何も考えずに羽織ってしまうと、着膨れ感や重さが気になりがちですよね。

そこで今回は、大人女子におすすめの、スタイリッシュなダウンコーデをご紹介します。

大人女子におすすめのダウンコーデ

ショート丈ダウンコーデ
[URBAN RESEARCH Sonny Label] リバーシブルショートダウン
出典:zozo.jp(外部リンク)[URBAN RESEARCH Sonny Label] リバーシブルショートダウン

ショート丈のダウンはボトムスのシルエットを邪魔しないので、バランスが取りやすいのが特徴です。

カジュアルに着こなすなら、トレンドのレイヤードスタイルに合わせるのがおすすめ。

ダウンとボトムスのトーンを揃えてあげると、重ねたトップスの存在感がグッと惹き立ちます。

[IENA] ショートダウン◆
出典:zozo.jp(外部リンク)[IENA] ショートダウン◆

ボリューム感のあるショートダウンにリブパンツを合わせたカジュアルスタイル。

パンツのリブが縦ラインを強調してくれるので、すっきりとした印象で着こなすことができます。

ヘアはコンパクトにまとめるのがスタイルUPのポイント。

[JOURNAL STANDARD] 【DESCENTE ALLTERRAIN】DOWNJK MOUNTAINEER-L:別注ダウンジャケット◆
出典:zozo.jp(外部リンク)[JOURNAL STANDARD] 【DESCENTE ALLTERRAIN】DOWNJK MOUNTAINEER-L:別注ダウンジャケット◆

キャッチーなカラーのダウンジャケットをすっきりと着こなすなら、インに合わせるトップス×ボトムスはダークカラーで揃えるのが◎。

アウターのカラーを惹き立てながら、ダークカラーの引き締め効果でスタイル良く仕上げることができます。

シューズも同色で揃えれば、さらに効果的。

[moment+] エコダウンフードブルゾン
出典:zozo.jp(外部リンク)[moment+] エコダウンフードブルゾン

ボリューミーなシルエットのショートダウンは今シーズンのトレンドアイテムです。ざっくりと抜き襟気味に着こなすのが◎。

アウターよりも着丈の長いゆるトップスを合わせてあげると、今年らしい抜け感スタイルが完成します。

[ADAM ET ROPE'] ALLIED ショートフードコート
出典:zozo.jp(外部リンク)[ADAM ET ROPE'] ALLIED ショートフードコート

ショート丈のダウンコートはスカートスタイルにも難なく合わせることができます。

すっきりとした着こなしに仕上げるなら、Iラインシルエットのロングスカートとの組み合わせがおすすめ。

ちょっぴり甘めのアイテムを合わせても、ダウンのカジュアル感が大人バランスに整えてくれます。

[IENA] P/タフタショートダウンコート◆
出典:zozo.jp(外部リンク)[IENA] P/タフタショートダウンコート◆

大人フェミニンなフレアシルエットのロングスカートに合わせるなら、ダウンコートはショート丈を選ぶのが◎。

さらにフードにファーがあしらわれたデザインなら、重心を引き上げることができるのでバランスの良い着こなしに仕上げることができます。

抜け感のある足元で軽やかさをプラスすれば、ダウンの重さも気になりません。

[URBAN RESEARCH] コンパクトノーカラーダウン
出典:zozo.jp(外部リンク)[URBAN RESEARCH] コンパクトノーカラーダウン

ダウンジャケットのスポーティー感が苦手な方には、ノーカラーデザインを選ぶのがおすすめです。

すっきりと着こなすことができるので、大人フェミニンなワンピーススタイスにもぴったり。

足元にはショートブーツを合わせてあげると、大人っぽさをキープできます。

[IENA] 【WOOLRICH/ウールリッチ】 SHORT ARCTIC PARKAダウンジャケット◆
出典:zozo.jp(外部リンク)[IENA] 【WOOLRICH/ウールリッチ】 SHORT ARCTIC PARKAダウンジャケット◆

メンズライクなデザインのダウンジャケットは、あえて女性らしい着こなしに合わせてMIXスタイルに仕上げるのも素敵。

落ち感のある素材使いのスカートやワンピースに合わせることで、すっきりとしたシルエットに仕上げることができますよ。

足元はヒールで女性らしくまとめるのはもちろん、ゴツめのブーツを合わせたスタイリングもおすすめ。

ロング丈ダウンコーデ
[Spick & Span] 【AZTECH MOUNTAIN】GALENA PUFFER◆
出典:zozo.jp(外部リンク)[Spick & Span] 【AZTECH MOUNTAIN】GALENA PUFFER◆

ボリューム感のあるロングダウン×パンツスタイルは、ウエスト位置をしっかりアピールすることでバランス良く着こなすことができます。

インに合わせるニット×パンツは、すっきりとウエストインスタイルで着こなすのがおすすめ。

立ち上がりのあるフードデザインなら、顔周りにアクセントがプラスされてよりスタイルアップ効果◎。

[JOURNAL STANDARD] 【WOOLRICH/ウールリッチ】 LUX ARCTIC PARKA FOX:別注ダウンコート◆
出典:zozo.jp(外部リンク)[JOURNAL STANDARD] 【WOOLRICH/ウールリッチ】 LUX ARCTIC PARKA FOX:別注ダウンコート◆

リラックス感のあるニット×パンツのセットアップに合わせるなら、顔周りにアクセントをプラスできるファーフードデザインのダウンコートを選ぶのが◎。

さらにウエストがシェイプされたデザインなら、スタイルアップ効果抜群です。アニマル柄バッグなどの小物を効かせれば、お洒落感もグッとUP。

[RUIRUE BOUTIQUE] ラクーンファーサイドジップスリットダウンコート
出典:zozo.jp(外部リンク)[RUIRUE BOUTIQUE] ラクーンファーサイドジップスリットダウンコート

ロングダウンコートをスタイリッシュなイメージで着こなしたいなら、大人っぽいヒールブーツを合わせたパンツスタイルに仕上げるのがおすすめ。

パンツは細身のシルエットをチョイスし、IラインシルエットにまとめるのがスタイルUPのポイントです。

縦のラインを強調できるタートルネックを合わせてあげると、さらに効果抜群。

[nano・universe] TATRAS/別注CIMA
出典:zozo.jp(外部リンク)[nano・universe] TATRAS/別注CIMA

さりげなくウエストがシェイプされたデザインのロングダウンなら、大人フェミニンなスカートスタイルにもぴったり。

合わせるスカートは軽やかな素材感のものをチョイスして、抜け感のある着こなしに仕上げるのがおすすめです。

足元はヒールのあるシューズが好バランス。

[RUIRUE BOUTIQUE] 【静電気防止加工/ウォッシャブル仕様】ハイネックアシンメトリーダウンコート
出典:zozo.jp(外部リンク)[RUIRUE BOUTIQUE] 【静電気防止加工/ウォッシャブル仕様】ハイネックアシンメトリーダウンコート

ウエストマークできるデザインのロングダウンなら、キュッとウエストを絞ってワンピースのように着こなすのも素敵です。

インナーは、短め丈のワンピースやスカートスタイルが◎。ヒールパンプス&ショルダーバッグを合わせ、レディムードを引き寄せて。

[nano・universe] スタンドフェイクファーベルテッドロングダウン
出典:zozo.jp(外部リンク)[nano・universe] スタンドフェイクファーベルテッドロングダウン

顔周りにポイントを作ることができるスタンドカラーデザインのロングダウンコートは、全体をAラインシルエットにまとめて大人フェミニンな着こなしに仕上げるのがおすすめ。

インに合わせるワンピースやスカートも、ほどよく広がるフレアシルエットをチョイスするのがポイントです。

コンパクトなまとめ髪で、バランス良く着こなしましょう。

[IENA] 【WOOLRICH /ウールリッチ】 KEYSTONE PARKAダウンコート◆
出典:zozo.jp(外部リンク)[IENA] 【WOOLRICH /ウールリッチ】 KEYSTONE PARKAダウンコート◆

たっぷりとしたボリュームファーがあしらわれたロングダウンは、あえてマキシ丈のスカートスタイルに羽織ってルーズに着こなすのも◎。

足元にはスニーカーを合わせてあげると、今年らしい抜け感バランスに仕上げることができます。

ちょっぴり抜き襟気味に羽織るのがおしゃれ見えのポイント。

スタイリッシュなダウンコーデをマスターして

カジュアル感が強すぎたり重さが気になりがちなダウンコーデは、選び方やバランスにちょっぴり気を遣うだけでグッとスタイリッシュな着こなしに仕上げることができます。

できるだけ重心を上に持ってくるように意識するだけでも、バランスの良い着こなしに近づくことができるはず。

さっそく大人バランスのダウンコーデをマスターして、スタイリッシュな冬コーデを楽しんでみてくださいね。

元記事で読む