1. トップ
  2. 恋愛
  3. おばさんと呼ばれる女性と呼ばれない女性の違い

おばさんと呼ばれる女性と呼ばれない女性の違い

  • 2021.1.10
  • 23889 views

ある程度の年齢を重ねた女性で「おばさん」と呼ばれる女性と「お姉さん」と呼ばれる違いはなんでしょうか?

そこで今回は、おばさんと呼ばれる女性と呼ばれない女性の違いをご紹介。
お姉さんな熟女の色気は、若い子なんかには負けませんよ。

おしゃれに気を遣うだけで「お姉さん」になる

おばさんかおばさんじゃないかは、ほぼ見た目で決まります。
年齢を重ねるごとに、おしゃれに気を遣わなくなる女性は多いですが、やはり、見た目がおしゃれじゃないと華やかさがないので、おしゃれに気を遣う努力を怠ってしまうと、おばさん感が漂ってしまいます。
もちろん、どんなに頑張っても年齢は重ねてしまうものですが、見た目がおしゃれだと「可愛い」「ステキ」「魅力的な大人の女性」などの印象を、多くの男性が受けるのではないでしょうか。
化粧が濃く、イタイ若作りでは逆効果ですが、ヘアーもメイクもファッションも、今以上におしゃれに気を配っていれば、「おばさん」なんて呼ばれない大人の女性になれると思います。

「おばさんだから~」など自虐的発言をしない女性

他人に指摘されるより、冷ややかな視線を向けられるより、自分で「おばさん」と言った方が気は楽ですが、「おばさん」と呼ばれない女性は、自分で自分を「おばさん」なんて言わない女性です。
自分から「おばさん」と発言しても、知人や職場の同僚は「おばさん」なんて言わないと思います。
でも、自分から「おばさん」と言えば、周りも「おばさん」と言いやすくなるので、そういうノリを自分から作ってしまうのはNGです。
「おばさん」と言いやすい雰囲気があるといじられやすくなるので、「おばさん」を自虐ネタにしないように。

乙女の心を捨てない

男性がイメージする「おばさん」は、図太い性格の持ち主で、周りのことなど気にもせずゲラゲラ笑うような女性です。
年齢を重ねているのに乙女なんて、そっちの方が恥ずかしいかもしれませんが、男性が「おばさん」と「お姉さん」で区別するところは、“女”を感じるかどうかではないでしょうか。
女を捨てた感を感じるところがあれば、おばさん認定されてしまうので、内側から若々しく、いつまでも乙女心を忘れずにいれば、「おばさん」とは呼ばれないと思いますよ。

おばさん発言には気を付ける

例えば、節々の痛みを訴え「あんたも〇歳になればわかる」なんて発言があれば、おばさん感がぷんぷんにおってしまいます。
どんなに見た目がキレイでも、おばさん発言があれば「おばさん」と思われてしまうので、おばさん発言には十分に気を付けましょう。
色っぽいステキな女性から関節の悲痛さを訴える言葉なんて、男心に聞きたくありませんので、そういう発言にはお口チャックで。

さいごに

「おばさん」と呼ばれるか否かは、9割見た目次第です。
所帯じみた雰囲気があれば、おばさん感がどうしても出てしまうので、仕事に育児に家事に大変かもしれませんが、おしゃれに気を配っていれば、ステキな大人の女性として男性の目には映ると思いますよ。
(瀬戸 樹/ライター)
Photo by. Anton Malanin


元記事で読む