1. トップ
  2. おでかけ
  3. 非日常を味わう!旅ライター厳選「冬こそ行きたい」おでかけスポット3つ

非日常を味わう!旅ライター厳選「冬こそ行きたい」おでかけスポット3つ

  • 2021.1.6
  • 17773 views

寒さが厳しい冬。ドラマティックな景色を目的に、しんしんと雪が降り注ぐような極寒の地へ出かけてみることも、粋な楽しみ方ではないでしょうか?

そこで今回はトラベルライターの石原有起さんに、冬こそ行きたい国内のおでかけスポットを教えてもらいました。温泉や自然を堪能しながら、雪景色に心洗われるリラックスプランを厳選!

1:長野県・大町温泉の「プライベートかまくら」で非日常の時間を

雪がほとんど降らない地域に長く住んでいると、雪で作られた“かまくら”はワクワクする存在。

界 アルプス かまくら
出典: 界 アルプス

「雪国ならでは体験ができる!」と注目を集めているのが、星野リゾートの温泉旅館ブランドの2つの施設『界 津軽』『界 アルプス』に設営される『プライベートかまくら』。(2021年2月1日~2月28日予定)

界 アルプス グッズ
出典: 界 アルプス

北アルプスの麓に位置する大町市は、信州の中でも雪が多く降る地域。厳しい冬とともに暮らす知恵が根づいています。

『界 アルプス』では、蓑(みの)や半纏(はんてん)などを身に着けて、雪ん子気分でかまくらを楽しむこともできますよ。

界 アルプス 館内
出典: 界 アルプス

竹灯籠が並ぶあたたかな空間で信州の冬を体感して、童心に返ってはしゃぐのもいいですね。

グループや家族1組でかまくらを1基ずつ利用して撮影を楽しみながら、幻想的な風景を眺めてみては?

2:青森県・奥入瀬渓流で冬の風物詩「氷瀑」を満喫!

奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう)は、十和田八幡平(とわだはちまんたい)国立公園内に属し、豊かな自然と四季折々の景色が広がります。

冬になると厳しい寒さと大量の積雪の影響で人通りは少なくなりますが、あたりは一面白銀の世界に!

星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル 雪景色
出典: 星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル

奥入瀬渓流沿いに建つ唯一のリゾートホテル『星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル』では、1泊2日の『氷瀑(ひょうばく)ガールステイ』なるプランが登場。

星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル 館内
出典: 星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル

この時期にしか見ることができない氷瀑は、氷の神殿とも呼ばれるほど美しいもの。その日の天候などによって変化するのも魅力です。

まさに自然が作り出す芸術作品のようですね。

星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル 氷瀑 夜
出典: 星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル

アクティブな氷瀑ツアーだけでなく、温泉や特別ディナー、限定スイーツも味わえます。

星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル スイーツ
出典: 星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル

雪景色を望む露天風呂テラス付きの客室で、疲れを癒しながらゆっくりと過ごしてみませんか?

3:石川県・金沢で「兼六園」の雪吊りの景色を堪能

金沢の冬の風物詩といえば、雪吊り。日本海側特有の湿った雪の重みで枝が折れないようにするため、雪吊り作業が金沢市内の至る所で行われます。

文化財指定庭園 特別名勝 兼六園 冬
出典: 文化財指定庭園 特別名勝 兼六園

いわずと知れた日本三名園のひとつ、石川県金沢市の特別名勝『兼六園』では、毎年11月1日に唐崎松を皮切りに、12月中旬頃まで雪吊り作業が行われます。 樹木を守る目的で施される雪吊りですが、そこに雪が降り積もるとなんとも風情がありますよね。

日本画のように美しい景色は、ずっと眺めていられそうです。

心穏やかに雪景色を堪能するには、もってこいの冬。雪や氷に温泉、食事と冬の魅力を存分に味わい尽くしてみてはいかがでしょうか?

【画像参照元】
※界 アルプス、星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル、文化財指定庭園 特別名勝 兼六園

※最新情報は施設へお問合せください。

元記事で読む
の記事をもっとみる