1. トップ
  2. 恋愛
  3. 今なら言える…!男性が好きな女性に告白したくなる瞬間3つ

今なら言える…!男性が好きな女性に告白したくなる瞬間3つ

  • 2021.1.6
  • 2002 views

女性は男性から告白されたいものですが、男性も告白するには相当の勇気が必要です。どんなに準備をしてきたとしても、「今なら言える!」といった確信が男性にないと、告白はまた今度に…と先送りしてしまうことも。そんな男性が、好きな女性に告白したくなる瞬間を紹介します。告白待ちしている女性はあえてこの瞬間を作ってあげると、二人の関係を進ませることができるかもしれません。

1. 手を繋げた瞬間

女性と男性では、例え友達同士で仲が良かったとしても、手を繋ぐという行為をすることはありませんよね。ゲームなどで盛り上がった時にハイタッチやハグをしたり、またその場のノリで肩を組むこともあるかもしれませんね。しかし、手を繋ぐといったスキンシップはカップル特有のもの。

そのため、2人でデートしているときに手を繋ぐシチュエーションになったら、「これっていけるんじゃ…」と男性は相手を意識するようになります。さらに相手が好きな女性であった場合は、手繋ぎから脈アリを感じることができるので、「好きって言えるかも…」と、男性は雰囲気と勢いで告白をしようとすることがあります。

2. 女性から「帰りたくない」と言われた瞬間

告白は「オッケー」の返事をもらうためにするものですよね。そのため男性も、女性からの好意を確信できないと、自分がいくら相手を好きだとしても告白を思いとどまってしまうことがあります。例えば、2人でデートしただけでは男性は相手に脈アリを感じても、確信までは持つことができないのです。その日のデートが盛り上がったとしても、決定的な一言を男性は待っている場合があります。それが、女性からの「帰りたくない」発言です。

体の関係を期待させる女性からの「帰りたくない」発言もありますが、この場合は単純に「帰りたくない=デートが楽しかったから=もっと一緒にいたいから=好きだから」といった連想ゲームのような言葉として男性は感じとるので、軽めの「え〜帰りたくない」だけでも、告白をしようと決めることがあります。

3. 次のデート日程がすんなり決まった瞬間

まだ付き合っていない男女にとって、次のデートがまたできるのかは次に進めるかのカギになります。デートが楽しくなかったり、相手の嫌なところが見えてしまったりすると、もう会いたいとは思わなくなってしまうからです。

そのため、デートが終わる前に次のデートの日程がすんなり決まったときは、男性は脈アリを確信します。特にデートが数回続くときはその気持ちが強くなるので、告白しようと思えるようになります。

多くのカップルが3回目のデートで成立するのは、このことが理由でもあるでしょう。また会えると思ったときに「今度のデートで告白しよう」と決める男性もいれば、「今告白して、次はカップルとしてデートしよう」と、その瞬間に告白をしてしまう男性もいます。

友達以上の雰囲気になったら告白したくなる

男性は、友達以上に思っている雰囲気を女性から感じとったら、告白を決めることが多いです。そのため男性から告白をさせるには、女性からの匂わせアピールが相手に覚悟を決めさせます。「好き」という言葉は使わなくても、男性にそれとなく好意を感じさせることはできるので、3つのシチュエーションをうまく使ってみてくださいね!

元記事で読む