1. トップ
  2. SNSで公開!テイラー・スウィフトが幼少期に住んだ家が話題

SNSで公開!テイラー・スウィフトが幼少期に住んだ家が話題

  • 2021.1.5
  • 446 views

2020年に『folklore』と『evermore』の2つのアルバムをサプライズリリースし、大きな話題を呼んだ、アメリカ屈指の歌姫テイラー・スウィフト。デビューした10代から30歳を迎えた現在まで不動の人気を誇るテイラーが、どのような幼少期を送っていたのか、気になる人は少なくないはず。

そんななか、テイラー・スウィフトが幼少期に住んでいた家を公開したとある女性の投稿がSNSで話題に…!

ことの発端は、テイラーが一時期住んでいたペンシルべニア州バークス郡出身のインフルエンサーが、「ペンシルべニア州バークス郡在住者たち、テイラー・スウィフトとの面白い繋がりがあったら教えて!」とコメントした動画をTikTokにシェアしたこと。

様々なユーザーが「テイラー・スウィフトとの繋がり」をシェアしていたなか、 とある女性の投稿が注目の的に!

話題の投稿をしたシドニー・レドナーさんは、なんと、テイラーが昔住んでいた家に自分が住んでいることを告白! 家の内装から外観までを短くまとめた動画を公開しました。

バークス郡のワイオミッシングという町にあるこの家は、1929年に建てられたコロニアル・リバイバルスタイルの3階建て。ミュージシャンを目指して、カントリーミュージックの聖地であるナッシュビルに移り住む前の10年間を、テイラーはこの家で過ごしたのだそう。

テイラーはここに住んでいた頃にヒットソング「Love Story」や、「Teardrops On My Guitar」のインスピレーションを受けたとの噂も!

2013年にはシドニーさん一家がこの家に住み始め、元々クリーム色だった外観の壁を白に塗り替えたそう。テイラーが住んでいた証として、家の外のコンクリートには、「TAS(Taylor Alison Swift)」というテイラーの名前の頭文字を残しているのだとか!

今後、「テイラー・スウィフトのゆかりの場所」として、歴史的建造物として認識されるかも…?

※この翻訳は抄訳です。

Translation: ARI

House Beautiful

元記事で読む