1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. [ 菊池亜希子さん] 目黒雅也さんにイラストレーションを学ぶ。

[ 菊池亜希子さん] 目黒雅也さんにイラストレーションを学ぶ。

  • 2021.1.3
  • 764 views

これまで数々のムック本や書籍を手がけている女優の菊池亜希子さん。将来的には、絵本にも挑戦してみたいと言います。

 

菊池亜希子さん目黒雅也さんにイラストレーションを学ぶ
出典 FUDGE.jp

 

目黒雅也さんにイラストのこと教えてもらいました!

菊池「子どもと一緒に絵本を読んでいると懐かしくて。大人になった今でも感銘を受けるし、新しい発見がある。改めて好きだなと感じます」

とはいえ自身が描くのは主に線画。今後のために着色方法や絵の描き方を習うことができたら。そこで、親子ともにファンだという『あれたべたい』(あかね書房/文・枡野浩一)の作画担当であるイラストレーターの目黒雅也さんのもとへ伺った。

目黒「僕も小学生の頃から絵を描くのが好きで。学生時代ずっと良い成績をもらっていました。独自のタッチや色遣いを否定されず、自信をつけてもらったんですね。その後、日大芸術学部に進学し、安西水丸氏に師事しました。そこで “線がいい”と言ってもらい、本格的に絵の方向性が決まりました。イラストレーションは、画材選びから全てが自由なんです。だから、自分の描きたい絵に合わせて選択すればいいと思います」

菊池「わたしは建築を専攻していたので、イメージ通りに描こうとするとなんだかかしこまった絵になってしまうし、線画がうまくいっても、今度は着色で失敗しちゃうんです」

目黒「菊池さんの絵も、線がポイントだと思うので、色は抑えて線が前面に出てくるよう意識するといいかもしれません。それから、ミスはあまり気にせず、まずは感覚重視で、直感を優先する。するとムードのある絵になります。見る人に空気感やその先を想像させることができたり、伝えたい雰囲気が伝われば、それはイラストレーションとして完成していると思いますよ」

 

目黒雅也さんにイラストのもの教えてもらいました!

水性ペン〈 三菱 鉛 筆 〉の uni PIN
出典 FUDGE.jp

すぐ乾いて、 濡らしても滲まない水性ペン〈 三菱 鉛 筆 〉の uni PIN 。基本は 0.3mm を使用。

 

菊池亜希子さん目黒雅也さんにイラストレーションを学ぶ
出典 FUDGE.jp
菊池亜希子さん目黒雅也さんにイラストレーションを学ぶ
出典 FUDGE.jp
菊池亜希子さん目黒雅也さんにイラストレーションを学ぶ
出典 FUDGE.jp
菊池亜希子さん目黒雅也さんにイラストレーションを学ぶ
出典 FUDGE.jp

“カバ”をテーマに描き進める。紙はポストカードをチョイス。画用紙は水分を吸いやすく、滲みもそのまま出るのでおもしろい。。目黒さんはグレー、菊池さんはブラウンでからだの色を表現。

 

菊池亜希子さん目黒雅也さんにイラストレーションを学ぶ
出典 FUDGE.jp

水彩絵具は二種使用。西洋 の〈ホルベイン〉透明水彩は華やかな印象。日本の顔彩は落ち着いた色合い。どちらも一度乾くと溶けにくく、線の上に乗せても消 えないくらいの半透明。薄くしたいときは水を多めに。パレットの 上で直接絵具を混ぜ絶妙な色を作り出す。

 

菊池亜希子さん目黒雅也さんにイラストレーションを学ぶ
出典 FUDGE.jp

カバの完成形。目黒さん作、菊池さん作。

 

菊池亜希子さん目黒雅也さんにイラストレーションを学ぶ
出典 FUDGE.jp

〝赤いベレー帽をかぶり毎日 花を持ってやってくる喫茶店の常連の安藤さん〟をテーマに、イメー ジだけで描いた作品。右が菊池さん作、左が目黒さん作。

 

菊池亜希子さん目黒雅也さんにイラストレーションを学
出典 FUDGE.jp

 

●VIVISTOP NITOBE

VIVISTOP NITOBE
出典 FUDGE.jp

「新渡戸文化学園」
住所:東京都中野区本町 6-38-1
TEL:03 – 3381- 0196
〜 VIVISTOP は学園における 「問い」や「興味」をさらに深める活動が 生まれる拠点です〜

目黒雅也さん
めぐろ・まさや/西荻窪出身のイラストレーター・絵本画家・新渡戸文化学園教員 として小中高生へ剣道を指導。学園 HP に絵日記を連載するなど ” 剣道の先生な のにイラストレーター ” として活動中。

 

 

onkul vol.14より

 

 

元記事で読む