1. トップ
  2. ファッション
  3. ユニクロ艶っぽスカートで品良くフェミニン♡新春大人キレイめスタイル

ユニクロ艶っぽスカートで品良くフェミニン♡新春大人キレイめスタイル

  • 2021.1.2
  • 2288 views

こんにちは!イラストレーターのKIKIです。今回は、この冬取り入れたいアイテム!ユニクロの「サテンナローフレアスカート」をご紹介します♡全身ユニクロ&GUアイテムを使った大人コーデと一緒にご覧ください!

春まで使えるキレイめアイテム♡ユニクロ「サテンナローフレアスカート」で艶っぽさをプラス♡

michill

ユニクロ サテンナローフレアスカート

価格:¥2,990(税抜)

カラー:09 BLACK/24 ORANGE/30 NATURAL(イラスト右着用色)/52 GREEN(イラスト左着用色)

今回ご紹介するアイテムはこちら!

近年のトレンドアイテムの「サテン素材」はこの冬も取り入れたいアイテムのひとつ。

重たい印象になりがちの冬も、サテンアイテムをプラスすることで艶っぽさがプラスされてコーデが一気に女性らしい印象に♡

ユニクロの「サテンナローフレアスカート」は、女性らしくキレイなシルエットが特徴。光沢感のある素材に、ひざの隠れる上品見えな丈で使いやすい優秀な1枚です。

合わせたトップスで雰囲気が変わるので、ON・OFF問わず使えて着回し力も抜群!

秋から春は、ブラウスやシャツと合わせればきっちり感もありオフィスでも◎なONスタイルに。カーディガンやカットソーと合わせればトレンド感をおさえた大人カジュアルスタイルが作れます。

今回はそんなユニクロの「サテンナローフレアスカート」にニットを合わせた大人の冬スタイルをご提案♪

すべてユニクロ&GUで揃えたプチプラアイテムで、雰囲気の異なるふたつのコーデをご紹介します♡

ホワイト×ブラウンでシンプル&今っぽく♡大人キレイめスタイル

michill

トップス:GU(スウェットライクハイネックセーター)

スカート:ユニクロ(サテンナローフレアスカート)

シューズ:ユニクロ(ストレッチショートブーツ)

バッグ:GU(ソフトレザータッチドローストリングバッグ)

イヤリング:GU(パール&メタルサークルピアス)

まずは「ホワイト」のスカートを使用したコーディネート。

着こなしポイント

・ゴールドのアクセサリーで顔まわりを華やかに♡

・スカートをポイントに他はダークトーンでまとめて。

ホワイトのサテンスカートはどんなトップスにも合わせやすいのですが、今回は大人っぽさと季節感を意識したスタイルにまとめました。

今季のトレンドカラーでもあるブラウンは深い色味をチョイス。

ホワイトサテンスカートが引き立って、また全体が締まって見えるのでスタイルアップ効果にも繋がります!

バッグやシューズもトーンを合わせてダークカラーをチョイスしましょう。そうすることでコーデ全体に統一感が生まれ、まとまって見えます。

華やかさを足すならアクセサリーがオススメ。ゴールド×パールの女性らしいイヤリングで、顔まわりを明るく、上品な印象に仕上げて。

トレンドもさりげなくおさえた、シンプルだけど女性らしい大人キレイめスタイルの完成です♡

グリーン×小物でこなれ感♡大人シンプルモード

michill

トップス:GU(メランジオーバーサイズセーター)

スカート:ユニクロ(サテンナローフレアスカート)

シューズ:GU(ストレッチロングブーツ)

バッグ:GU(スクエアネックポーチ)

イヤリング:GU(メタルビッグフープイヤリング)

ふたつめは、旬の「グリーン」を使用したコーディネート。

着こなしポイント

・ゆったりニットとロングブーツはバランス◎体型カバー&スタイルアップを狙って!

・小物はスパイスを効かせてこなれ感を演出♪

はくだけで今っぽくなる「グリーン」のスカートはコーデのポイントになります。

そんな旬色スカートは今っぽくモードなスタイルがで着こなすのがオススメ♪

サイドのスリットが女性らしさもプラスしてくれるゆったりオーバーサイズの今っぽニットが、スカートとバランスよく、気になる腰回りの体型をカバーしてくれます。

ゆったりニット&ひざ丈スカートに合わせたい今季のシューズはズバリ、ロングブーツ!

トレンドをおさえたおしゃれな印象になり、スタイルアップ効果も抜群!

小物はクロコダイルのミニバッグをチョイスして、コーデのアクセントを追加。顔まわりはフープイヤリングで小顔効果を狙って♡

これでトレンド小物が効いた大人シンプルモードの完成です。

いかがでしたか?ユニクロ「サテンナローフレアスカート」でこの冬は艶っぽさをプラスしてみてください♡

※記事内の商品価格は筆者購入時の価格です。

元記事で読む