1. トップ
  2. ファッション
  3. 暗くなりがちな冬コーデこそ、柄アイテムでHappyに着こなす!

暗くなりがちな冬コーデこそ、柄アイテムでHappyに着こなす!

  • 2020.12.30
  • 604 views

大人女性のカジュアルファッションで大人気! ミュージシャンでファッションライターのAZUSAさんが、ご自身私物の柄物アイテムを使った冬コーデを紹介します。ダークトーンのコーデが多くなりがちな季節こそ、柄を取り入れるのがおすすめ!

柄物と色物はベーシックなものに比べて飽きがちだよねと愚痴をこぼしたら、隣にいた友人がこう言いました。

でもその服を見て素敵だなと思ってくれた人の頭の中に残るでしょう?
誰かの印象に残るということはそれだけでもう価値があるんじゃないかな?

なるほど。
それって大切なことだな、と。

自分が着ていてハッピーになれる服。
誰かに素敵だなと思ってもらいたい服。

服を選ぶことはそれ自体が「自分を表現すること」だと思うのです。

ミニマル精神でクローゼットの中身を10着に絞るのも良い。
お気に入りの100着のドレスに埋もれて暮らすのも良い。

それ自体もその人の生活の表現だから、人それぞれで良いのです。
斜めから入って話がさらに逸れていってしまいました。

着まわしのきく服ってやっぱりベーシックカラーなので、一年通してもなんだかいつも同じようなカラーコーディネートになってしまいやすい。でも急に、なんじゃこれ! っていう(言われる)柄物を主役にしてみたくなったり、いつものお決まりの感じのコーディネートに柄物アイテムをたったひとつ加えることで、一気に雰囲気が新しくなります。

そのようなわけで、今回はわたしのクローゼットの中から柄物アイテムのお気に入りを紹介したいと思います。

■TODAYFULのペイズリー柄シャツ

20201125 201228 0

とりあえずこれを着て現れたときに「かわいいね!」と言われるか、「なにそのシャツ笑笑笑」と言われるか、今のところ五分五分です。

長めのカフスでクラシックな雰囲気になりつつ、スタンドカラーとペイズリー柄でどこかエキゾチック。さりげなく、くるみボタンが使われていたりして芸が細かい!

カッチリしたセンタープレスのスラックスに合わせたり、リラックス感のあるリブパンツにやデニムに合わせたり、とにかくコーディネートの幅が広がる便利な一枚。メンズライクな着こなしにぴったりです。シャツの丈も長めなので上から下までストンとIラインを強調したスタイリングが合うような気がします。

■beauty&youth

20201125 201228 1

柄をボトムスにもってくるのも◎

またまたペイズリー柄。柄をボトムスにもってくるのも好きです。花柄のパンツもお気に入りのものをもっていますがそれはまた今度の機会に……。(来月の記事のフラグ立ちましたね。)

ペイズリーは、意外とコーデの幅が広い

優しいベージュやグレーと相性が良いグリーンのペイズリー。今回はグレーのスウェットと合わせました。薄いパープルのスウェットと合わせるのもかわいいかもしれない。なんでも合うかもしれない(笑)。

クラシックな雰囲気の小物との相性が良いと思います! 夏も白Tに合わせるだけで決まってしまう優秀なパンツです。

■ざっくり編まれた古着の柄ニット

20201125 201228 2

優しい編み目と大胆な柄がお気に入りポイント

ざっくりした網目のオーバーサイズシルエットで、ボリュームのあるスウェットみたいな感覚で着れるかも。どこかの国のおばあちゃんが編んだような優しい編み目と大胆な柄が気に入って購入しました。

アウター代わりにも使えそう!

とても暖かいので真冬でもこれを着たら後はストールだけ持ち歩けば充分かもしれない。これはアウター嫌いの私の特殊な見解かも知れませんが厚みのあるニットはもはやアウターとして認識しています。

オーバーサイズなトップスにはボトムスはストンとしたものを。美脚な方にはウールのタイツとかはいて、ぜひ、ミニ丈のワンピース風に着て欲しいな。そのときはあえてロングブーツとかじゃなくてスニーカーで。妄想広がる。絶対かわいい。

■「OVERRIDE」の花柄ターバン

20201125 201228 3

ボリュームたっぷり! お利口ターバン

これ、すごくお利口さんで、生地がたっぷり使われているので満足感のあるボリュームたっぷりのリボンができるのです。

上で結んでも下で結んでもかわいいの。上で結ぶとトップのボリュームがあるので、ヘッドドレスとしての主張は強めになるけどめちゃめちゃキュート! 下で結んでも不思議とボリュームは損なわれず、ほどよい存在感がありますよ。これ柄違いであと2〜3個持っていたいくらい。

冬こそ鮮やかな柄物アイテムで気分を上げて

四季の中でもトーンが暗くなりがちな冬ですが、そこに鮮やかなカラーや柄物アイテムを取り入れることで気持ちもぐっと高まる気がします。今年は私は髪の毛のトーンを明るくしてしまったので、もうすでに最初からポイントアイテムひとつ入れているようなものなんですけどね。金髪に柄物。目指せ仮屋崎さん(笑)。

元記事で読む
の記事をもっとみる