1. トップ
  2. グルメ
  3. クリスマスまで限定!【最新コンビニスイーツ】セブン、ファミマ、ローソン3選

クリスマスまで限定!【最新コンビニスイーツ】セブン、ファミマ、ローソン3選

  • 2020.12.24
  • 12423 views

コンビニスイーツがクリスマス一色になりました! しかも、『ピエール・エルメ』とセブン-イレブンのコラボ、ローソンの人気スイーツ「バスチー」のスペシャルバージョン、ファミリーマートのまるでクリスマスツリーなスイーツと超豪華な顔ぶれ。コンビニ利用率高め、自称コンビニ愛好家のライターが、セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソンで見つけた、売り切れ間違いナシの限定コンビニスイーツを紹介します!

文・小田原みみ

クリスマスまでしか食べられないものも? 最新コンビニスイーツ実食レポ

セブン-イレブン ピエール・エルメ シグネチャー ガトー フランボワーズ エ ショコラ ¥518(税込)

2020年夏にスタートした、『ピエール・エルメ』とセブンイレブンのコラボスイーツ。なんと、クリスマス限定バージョンが発売! 店内でこの商品を見つけた瞬間、思わずガッツポーズをしてしまいました。

フリーズドライのイチゴがちょこんとのったトップのフランボワーズナパージュはキラキラと輝いていて、まるで宝石のよう。見た目はナパージュを含め4層なのですが…

カットすると、ちょっとわかりにくいのですが実は5層構造。下から、ブラウニー、ローストカカオ・フィアンティーヌ(これが中に隠れています)、フランボワーズショコラムース、フランボワーズムース、フランボワーズナパージュになっています。

では、さっそく実食。

まず感動したのは、フランボワーズとチョコの味が、見た目と同様に見事に1:1ということ。もし、ショコラフランボワーズムースがショコラムースだと、かなりチョコの味が強かったのでは、と予想されます。フランボワーズムースは期待を裏切らない、しっかりとした甘酸っぱさを感じます。

このスイーツでもうひとつ感動したのは、ローストカカオ・フィアンティーヌ。フィアンティーヌとは、クレープ生地を薄く焼いて細かく砕いたもの。これが入っていることで口に入れると心地よいザクザク感があり、美味しさを引きたてています。クリスマス限定商品なので、見つけたら間違いなく買いです!

ローソン バスチー3 -バスク風チーズケーキ- ¥380(税込)

ローソンの定番スイーツ「バスチー」。2019年3月に発売され、発売開始3日間で100万個の売り上げを記録。これはコンビニスイーツブームの立役者といわれているローソンの「プレミアムロールケーキ」の売り上げ(5日間で100万個)を超えるものでした。そんな「バスチー」、2019年末には「スノーバスチー」という商品名でスペシャルバージョンが登場していましたが、今回は「バスチー3」。この「3」とは一体なんなのでしょうか?

バスチー上部にのっているのはチーズホイップです。アーモンドダイスものっています。

カットすると中はこのような感じ。クリームの中をよく見てください。レアチーズが入って2層構造になっているんです。そう、下から、バスチー、レアチーズ、チーズホイップと3つのチーズを楽しめるようになっています。「3」とはここからきていました。

では、いただきます。ひと口目はチーズホイップから。ホイップの甘さの中にチーズのコクが感じられ、濃厚なクリームとなっています。続いてレアチーズ。ムース状でシュワシュワしっとり食感で、程よい酸味が感じられます。そして、これらを土台のバスチーと一緒に。カラメル感のあるバスチーと相性抜群で、スプーンが止まらない美味しさでした。

ファミリーマート 抹茶のモンブラン ¥348(税込)

昨年も人気だった「抹茶のモンブラン」が今年も発売されました!

クリスマスツリーのような、かわいらしいスイーツ。黄色い星形のチョコレートをはじめ、デコレーション細部にこだわりを感じます。

中は、抹茶クリームとホイップクリームの2層構造。まずは抹茶クリームから。何となくですが、2019年バージョンより抹茶風味がアップしてるように感じました。だからでしょうか、中に入っている甘くてコクのあるホイップクリームの美味しさが際立ちます。これらのクリームが土台となるマドレーヌと合うのは言わずもがな。抹茶クリームにトッピングされているフリーズドライのイチゴの甘酸っぱさが、いいアクセントになっていました。

全部限定! もう二度と出合えないかも?

2020年のクリスマスは、例年とは違うクリスマス。そんな状況下において、ササッと行けるコンビニで、こんなスイーツが購入できてしかも美味しいだなんて、幸せです。今回紹介したものは「バスチー3」を除いてはクリスマスシーズン限定品。逃したら、二度と出合えない可能性大というか、出合えません!

文・小田原みみ

元記事で読む