1. トップ
  2. 「春に虫虫?」『呪術廻戦』で使われる【蠢愚】とは...!実際に存在する言葉なんです。

「春に虫虫?」『呪術廻戦』で使われる【蠢愚】とは...!実際に存在する言葉なんです。

  • 2021.1.1
  • 9540 views
undefined

みなさんは『呪術廻戦』という漫画・アニメを見たことがありますか?

人の負の感情から生まれた呪霊を主人公たちが倒していくストーリーとなっており、今『鬼滅の刃』の次に注目を集めている作品です。

今回はそんな本作品で登場する「蠢愚」という漢字の読み方に加えて、「蠢愚」に関連する四字熟語についても紹介していきます!

「蠢愚」はなんと読む?

まずは「蠢愚」の読み方について。

早速正解を発表します。

正解は...「しゅんぐ」です。

「蠢」という漢字はあまり見かけないものなので、読むのが難しかったかもしれません。

この「蠢愚(しゅんぐ)」は『呪術廻戦』のアニメ第11話のタイトル名「固陋蠢愚(ころうしゅんぐ)」に含まれるものです。

本作品を見たことがない人の中には「固陋蠢愚(ころうしゅんぐ)」という言葉は聞いたことがないという方も多いと思います。

しかし、このタイトル名は実際に存在する四字熟語で、「視野が狭いうえに他人の意見を聞かないため、柔軟で適切な判断が出来ないこと」を意味します。

それだけではなく「固陋(ころう)」と「蠢愚(しゅんぐ)」も2字熟語として存在しており、それぞれ「古い習慣や考えに固執して、新しいものを好まないこと(引用:デジタル大辞泉・小学館)」と「無知で愚かなこと(引用:デジタル大辞泉・小学館)」を表します。

漢字の読み方も、熟語の意味も勉強になるものばかりですよね。

『呪術廻戦』には他にも日本語として存在する難しい言葉がたくさん登場するので、気になる方は他の言葉も調べてみると様々な学びがあるかもしれません!



※本文中の登場人物の漢字や読み方に関する内容は、『呪術廻戦』(芥見下々/集英社)の公式HP及び原作を基にしております。