1. トップ
  2. スキンケア
  3. 綿棒でツボ押し1分 ほうれい線、二重あご、クマが気になる人へ

綿棒でツボ押し1分 ほうれい線、二重あご、クマが気になる人へ

  • 2020.12.15
  • 2557 views

学研プラスは『美肌をつくる顔のツボ・反射区ケア 綿棒で1分押し!フェイスマッピング』を12月10日に発売した。綿棒で顔のツボを押して美肌をめざす、セルフケア本だ。

著者は、美容アナリストでビューティーウェルネス研究家、美容ジャーナリストとしても長年活動してきた奈部川貴子(なべかわ・たかこ)さん。海外の顔ツボ療法や顔反射区メソッドを独学で学ぶほか、顔に関するセラピー資格を複数取得。解剖生理学・神経学・東洋医学のエッセンスも取り入れ独自の美容メソッド「フェイスマップ(R)」を確立した。

本書はフェイスマップのポイントを解説し、綿棒を使って刺激することで体の中から顔の老化や肌トラブルを改善する方法を伝えている。表紙の帯には、「ほうれい線、たるみ、目の疲れ・クマに特効!」とある。

以下の2枚の画像は、『美肌をつくる顔のツボ・反射区ケア 綿棒で1分押し!フェイスマッピング』(学研プラス)の中面。

1日マスクをつけて過ごし家に帰って鏡を見ると、なんだかほうれい線がくっきりと濃くなった......と気になる人は多いのでは。

綿棒なら手に入りやすい。おうち美容の新しい習慣に取り入れてみては。

元記事で読む