1. トップ
  2. おでかけ
  3. 銀座〈THE GREY ROOM〉のバーテンダー・川村 康祐さん〜児島麻理子の「TOKYO、会いに行きたいバーテンダー」〜

銀座〈THE GREY ROOM〉のバーテンダー・川村 康祐さん〜児島麻理子の「TOKYO、会いに行きたいバーテンダー」〜

  • 2020.12.15
  • 963 views

お酒業界での広報歴12年!児島麻理子が、実力派のバーテンダーをご紹介します。第23回目の登場は、銀座〈THE GREY ROOM〉の川村 康祐さん。スパイスや茶葉を駆使した“スパイスバー”で腕を奮います。

本日のバーテンダーは…川村 康祐さん

川村 康祐
バーテンダー歴:9年
生年月日:1992年10月6日
星座:天秤座
血液型:B型
趣味:地元の仙台にいた頃から、スノーボードをしています。

とあるおしゃれなインド人女性から「すごいインド料理のお店がある!」と聞いて訪ねたのは、銀座のモダンインディアンキュイジーヌ。〈SPICE LAB TOKYO〉の店名の通り、未体験のスパイス使いの洗練されたインド料理で、今年の衝撃のひとつでした。刺激よりは穏やかさや複雑さを感じるスパイスの操り手〈SPICE LAB TOKYO〉は、実はバー〈THE GREY ROOM〉も併設しています。ここで繰り広げられるのは、インド人もびっくりなスパイスを使ったカクテルです。

「スパイスって調和が大事なんです。日本人にとっての出汁のようなもの。スパイスは味の濃いものが多いので、その味だけにならないよう、素材を引き立てるスパイス使いを心がけています」。
そう語るのは、光沢感のあるベストでカウンターに立つ川村バーテンダー。いかにも銀座の男という堂々たる雰囲気ですが、はにかんだような笑顔が見え隠れします。
「実は仙台出身なので、おおらかでのんびり屋。東京では忙しい中でお客さまの求めているものをスピーディに見つけていかないといけないので、結構大変です」。
地元・仙台のバーへ就職した後、24歳からは東京の〈マンダリン オリエンタル〉のバーで腕を磨きました。

「バーテンダーの魅力はマニュアルがないところ。新しいお客さんに出会えたり、新しいカクテルを作れたりと同じ1日がないのです。お店にいると、僕に会いにきたと言ってくれるお客さんがいらしたりして、それが何よりうれしいですよね」。
そんな川村さんが新たな挑戦として選んだのは、〈SPICE LAB TOKYO〉と同じインド人オーナーの経営する銀座の〈THE GREY ROOM〉。シグニチャーカクテルには、何かしら複雑なスパイスの香りが隠されています。最初に香りが来たかと思うと、飲んだ後に押し寄せる別の味わい。嗅覚、味覚が揺さぶられます。

「開業前にはインド人のミクソロジストとともにカクテルを作りました。インド人は寛容で、いい意味で自由です。日本人だと当たり前にジンを使うようなカクテルにもテキーラを使ってみたり、自分たちがしない材料の組み合わせをするんですよね」。
インド人ミクソロジストとの協業により出来上がった個性的なメニューは”インディアンネグローニ”、”チャイノラテ”、”ムンバイトニック”など、どれも目を引くものばかり。ベジタブルやフルーツカクテルも多くそろいます。スパイス香るカクテルは、飲めば飲むほど健康にもなりそうです。

「効能とまでは言い切れませんが、美容や健康のお悩みを伝えてもらえたら、それに合うカクテルのおすすめはできますよ。ぜひお悩みがあれば教えてください」。
優しい笑顔は心も癒してくれそう。夜の駆け込み寺となってくれそうな〈THE GREY ROOM〉でカラダと心に効くカクテルを!

黒い空間に制服が似合う。
週末は2人体制。右は楠純平さん。
細かなところにも女性が喜ぶ演出が。

ハナコラボからの質問Q.「バーテンダー以外でやりたかった仕事はありますか?」

A.「映像の仕事には興味がありました。人が通るという動作でも、上から撮るか、横から撮るかで印象が変わったりするのはおもしろいなあと。とにかく好きなこと、おもしろいことを仕事にしたいと思っていましたね」。

このお店のこの一杯「オリエンタルモヒート」

「オリエンタルモヒート」1,800円

ココナッツ風味のジンに蜂蜜やレモンジュース、カルダモンビターズを使ったなんともオリエンタルテイストなモヒート。唐辛子の辛さが程よいアクセントに。

お酒と楽しむ一皿「インディアンアペタイザー盛り合わせ」

「インディアンアペタイザー盛り合わせ」980円

〈SPICE LAB TOKYO〉でも提供しているインドのストリートフードを洗練させたフィンガーフードの盛り合わせ。大葉の天ぷら”チャート”、ひよこ豆粉パンケーキ”ドクラ”、バターチキンコロッケの組み合わせ。

川村さんのいるお店はここ。

白でも黒でもないという意味から付けられた〈THE GREY ROOM〉は、ティータイムとバータイムをオン・オフ自由に楽しんで欲しいというコンセプト。カウンターやソファー席のほか、銀座のみゆき通りや数寄屋橋方面まで一望できるテラス席がある。

東京都中央区銀座6-4-3 GICROS GINZA GEMS 11F
03-6274-6023
14:00〜16:00(アフターヌーンティー)、16:00〜00:00(バー) 年中無休
※状況に応じて営業時間が変更になります。

【本日の一言】
新感覚のスパイスカクテルで味覚の冒険を!

元記事で読む
の記事をもっとみる