1. トップ
  2. スキンケア
  3. 乾燥肌なのにニキビができるのはなぜ?

乾燥肌なのにニキビができるのはなぜ?

  • 2020.12.9
  • 2010 views

「乾燥肌なのにニキビができるのはなぜ?」この問いに答えてくれたのは米マウントサイナイ医療センター整形・臨床研究ディレクターで皮膚科専門医のジョシュア・ツァイヒナー医学博士。今回はこの内容をアメリカ版ウィメンズヘルスからご紹介。

ニキビは潤ったオイリー肌にできることが多いけれど、乾燥したオイリー肌にできることもある。その理由は、乾燥肌の原因は水分不足であり、油分不足ではないから。「体本来の油分である皮脂も間違いなく肌の保湿に一役買っています」とツァイヒナー博士。「でも、肌の潤いを実際に保っているのは水分です」

よって、乾燥肌なのにニキビができる、というのは気のせいでも珍しいことでもない。事実、ツァイヒナー博士によると、ニキビの多い乾燥肌は大人の女性に多いそう。

これからの寒い季節、肌の乾燥はひどくなる。ニキビを防ぎながら乾燥肌対策をするにはどうすればいい? 博士のおすすめは、毛穴を詰まらせにくいオイルフリーの保湿液を入手すること。朝はSPF入りの保湿液、夜は通常の保湿液で使い分けるのが◎。オイルフリーの保湿液では効果がいまいち? 毛穴を詰まらせにくいタイプなら、オイル配合の保湿液でも大丈夫。それでもダメなら皮膚科医に相談を。

※この記事は、アメリカ版ウィメンズヘルスから翻訳されました。

Text: Alison Goldman Translation: Ai Igamoto

元記事で読む
の記事をもっとみる