1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. スパゲティが宙に浮いてる... iPhoneでポートレート撮影したら「新時代の心霊写真」が誕生した

スパゲティが宙に浮いてる... iPhoneでポートレート撮影したら「新時代の心霊写真」が誕生した

  • 2020.12.8
  • 7697 views

iPhoneの一部機種に搭載されている、「ポートレートモード」で写真を撮ったことはあるだろうか。

背景をぼかして被写体を際立たせ、印象的な写真に仕上げてくれる機能だ。

レンズが2つ、あるいは3つ付いている機種では、複数のレンズで撮影した写真を合成して、そのような写真を作っているのだが、その結果、不思議な光景が生まれてしまうことがある。

例えば、こんな風に。

 アレッ?(ふぇるねこさんのツイートより、編集部でトリミング)

こちらは、ツイッターユーザーのふぇるねこ(@kujyou_neko)さんが2020年11月26日、失敗した写真を投稿するハッシュタグ「#全日本失敗写真協会」をつけてツイートした写真だ。

1日にポートレートモードで撮影した写真で、黒いスキレットに、ゴロッとしたミートボールが入ったパスタが入っている。おいしそうだ。

その魅力を存分に伝えるためか、グルメレポートのワンシーンのように「箸あげ」した状態が映っているが、ご注目いただきたいのは、持ち上げられたパスタと右端にうつる手の間だ。

「無」なのである。

手は明らかに、フォークを持っている形になっている。よく見れば中指と人差し指の間にはフォークの持ち手のような部分も見えている。

しかし、指先からは何も伸びておらず、パスタとミートボールは、重力に逆らって伸び上がっているようにしか見えない。

どうやらふぇるねこさんのiPhoneはフォークを背景と認識し、綺麗さっぱり消してしまったらしい。

この写真を

見た人からはツイッターに、

「これが新時代の心霊写真」
「フォークじゃなくてフォースで食べてるんですね」
「一瞬食品サンプルかと思ってしまった」

などの声が上がっている。また、「失敗写真」などではなくむしろ「成功」だとするコメントもあった。

最初はフォークの消失に気づかず...

Jタウンネット編集部は12月3日、ふぇるねこさんに写真の詳細を聞いた。

ふぇるねこさんがこの写真を初めてツイッターに投稿したのは、ミートボールスパゲティを作った11月1日。撮影に使用したのはiPhone11だった。

「カリオストロの城っぽいミートボールスパゲティを作ったぞという感じで投稿しようと撮影しました」

とのこと。そしてその目論見通り、ツイッターに写真を投稿した。

実はその時はまだ、「普通に美味しそうなスパゲティの画像をアップしたつもりでした」とのこと。

その写真を見たフォロワーに指摘され、フォークが消えていることに気付いたという。

そうした反応を受けてか、ふぇるねこさんは1日、こうも呟いていた。

「よく見たらフォーク消えて食品サンプルになってるがな」

気付いた時、ふぇるねこさんはどのように感じたのか。本人に聞いてみると

「前に猫の耳が同じように消えた事があったけど、これまたきれいに背景と同化処理がされたなぁ....」

との回答。あまりに見事にフォークが消えたため、感心してしまったようだ。

元記事で読む