1. トップ
  2. グルメ
  3. 初めてのサプライズパーティーを大成功させる5つのポイント

初めてのサプライズパーティーを大成功させる5つのポイント

  • 2015.5.29
  • 1361 views

日頃まわりの世話を焼いてばっかりの世話焼きガールのお誕生日パーティーをサプライズで開催。

たまには主役になってもらおうと、友達15人で盛大にお祝いしました。

一度はやってみたい「サプライズパーティー」のポイントをご紹介します。

 

コンセプトを事前に決める

今回はバレエを愛する女の子の誕生日だったので、「ベビーピンク×バレリーナ」をテーマに、

ケーキもmiss dorceさんでオーダーしました。

 

事前にSNSで持ち寄りフードのバランスを整える。

それぞれ持ち寄る予定のフードを書き込みながら、

「バレリーナのカップケーキ作ります!」「スイーツが多そうなので私は野菜のピクルスにします!」

とジャンルを調整。

一度も実際に会って話す事なく当日の絵が描けるのは現代ならでは。

 

私は冷凍パイシートを使って、ベーコンとモッツァレラチーズのキッシュを焼きました。

当日の工程表を作る

本人の予定は1ヶ月以上前に別のイベントへのお誘いとして押さえました。

暗号入りの偽フライヤーまで作って、種明かしした後に盛り上がるポイントを散りばめます。

当日は「待ち合わせ場所の駅でアイマスク着用→タクシーに乗せて会場へ」という流れだったので、

幹事陣は工程表を作って綿密に打ち合わせをしました。

 

会場の飾り付けにこだわる

フードディスプレイと食べる場所を分けてビュッフェスタイルにすると、思わず写真に撮りたくなるパーティー会場が完成!

空き箱に布をかけて盛りつけに高低差を出すことがフォトジェニックに演出するポイントです。

ピクニックバスケットやカッティングボードででコーレーションするのもおすすめです。

 

サプライズを2段、3段に仕込む

目を開けたらみんな集合で「サプラーイズ!」、そこまではよくある話。

その後、時間差で思いがけない人をゲストとして呼んだり、スペシャルなケーキを出したり、

プレゼント攻撃を仕掛けたり、何段階にも驚かせるのが盛り上げるポイント。

主役登場の瞬間はムービー撮影をお忘れなく。

最後は、おてんばジャンプで思い出を締めくくりましょう!