1. トップ
  2. 恋愛
  3. 「好きだから別れる」既婚者の心理7選。辛い別れを乗り越える方法

「好きだから別れる」既婚者の心理7選。辛い別れを乗り越える方法

  • 2020.12.4
  • 10216 views

不倫関係においては、「好きだからこそ別れを選ぶ」人もいます。今回は、既婚の男女が、不倫相手に本気になりつつも、別れを切り出す心理を解説していきます。

「好きだから別れる」既婚者の心理7選

「好きだからこそ別れを決める」既婚者の心理は、おもに7つに分けられます。

1. 自分の気持ちの大きさが怖い

最初はちょっとした出来心で始めた不倫でも、いつのまにか本気になってしまった、という場合、「このまま不倫関係を続けていたら、家庭を壊してしまうのでは」と恐ろしくなります。

恋人に対する自分の気持ちの大きさに気がつき、戸惑い、自分の感情の変化を受け止めきれずに、別れを切り出す人もいるのです。

2. 好きすぎて辛い

いくら好きになっても、ふたりは所詮、不倫と言われる関係です。堂々とデートできないとか、相手の希望を叶えてあげられないとかいったことが積み重なって、不倫関係が苦しくなってしまうのは、相手に本気だからこそ。

遊びの不倫であれば気にならないことでも、本気だからこそ辛くなってしまうのです。

3. 相手を幸せにできない

既婚者と独身者のカップルの場合、独身者側が色々と我慢をすることになります。既婚者と付き合っていることで、独身者側の「普通の恋人を見つける時間、結婚相手を見つける時間」を奪っているという見方もできます。

自分だけの気持ちを優先させるのであれば、不倫を続けたいけれど、彼女・彼の幸せを考えるなら、関係を清算すべきだ、と決断する人もいます。

4. 嫉妬が苦しい

ダブル不倫の場合や、不倫相手に恋人がいる場合、相手の異性関係が華やかな場合には、嫉妬に苦しめられます。嫉妬に苦しめられつつも、自分には配偶者がいるため、嫉妬する権利なんてないことも理解しているのです。

相手を自分だけのものにしたい、というわがままで自分勝手な欲望に苦しめられ、その辛さから別れを選ぶケースもあります。

5. ほかのことが手につかない

不倫関係にのめり込んでしまい、仕事や趣味、家事育児が手につかなくなってしまったため、自分のためにも不倫をやめるべきだと決断する人もいます。片手間でできる不倫なら問題なく続けられても、夢中になってしまっては自分の時間やお金、労力、気持ちを注ぎ込むことになります。

何事においても不倫相手を優先してしまう自分、頭のなかが相手のことでいっぱいな自分に対して、「これでは自分がダメになってしまう」と考える人もいます。

6. 一度冷静になりたい

不倫相手に夢中になってしまったからこそ、一旦冷静になるために、相手と距離をとりたいと考える人もいます。

7. 自分たちの関係が不倫であることに耐えられない

「妻や夫よりも前に相手と出会っていれば、この人と結婚していたかもしれない」と思えるほどの相手と出会った人は、真実の関係であるはずのふたりの関係が「不倫」と名付けられることに違和感と心苦しさを感じます。

なかには自分たちの純粋な関係が不倫とカテゴライズされることに耐えきれず、その関係から逃げ出してしまうケースもあるのです。

「好きだからこその別れ」の乗り越え方

次に、「好きだからこそ別れたい」と別れを告げられてしまった場合の、乗り越え方についてみていきましょう。

1. お別れはしっかりと

未練を残さないためにも、別れはしっかりと行いましょう。

電話やメールなどで済まさずに、ふたりで時間をとってじっくりと話し合いましょう。その時は自分の気持ちを思い切りぶつけましょう。自分の気持ちを語ることができそうにないと思うのならば、手紙などを書いてその場で読んでもらうというのも一案です。

2. 感情を思い切り吐き出す

別れを悲しみましょう。感情を思い切り吐き出して泣きましょう。

感情を吐露できる友達がいればその人に聞いてもらうのもいいですし、カウンセラーや占い師さんに聞いてもらうのも一案です。

3. 断捨離する

彼を思い出すものを断捨離しましょう。

思い出の品はメルカリなどに出して処分してしまい、連絡先はブロック削除し、手紙は捨てましょう。彼を思い出す品をなるべく近くに置かないようにしましょう。

4. 復縁の可能性を一旦忘れる

復縁したい、という考えが頭をよぎることもあるでしょう。本当にあなたは彼と復縁すべきですか?

本当に復縁したいのなら、復縁を目指すのもありです。

しかし、復縁がお互いのためにならないとか、復縁の可能性は一ミクロンもない、ということが明らかならば、復縁の可能性にすがるのはNGです。

5. とりあえず半年間は連絡をとらない

別れた直後は、「また会いたい」という気持ちがたびたび湧き上がることでしょう。しかし、そこをぐっと我慢しなければ、辛い別れを乗り越えることができません。

どうあがいても、あなたは彼に別れを告げられた、この事実を変えることはできません。夜中に連絡してしまっても、思うような返事が返ってこず、ふたたび傷つく可能性は高いのです。

これ以上辛い思いをしないためにも、別れを受け入れ、半年間は連絡をしない、と決意しましょう。

「好きだからこその別れ」を乗り越えられたあなたは強い

お互い好きなのに別れなければないことほど、辛いことはありません。

別れを受け入れ、乗り越えるのは、簡単なことではないでしょう。しかし、あなたはこの試練を乗り越えることができます。

辛い別れを乗り越えることができた暁には、一皮向けた、人の痛みがわかる素敵な女性になれるはずです。

元記事で読む