1. トップ
  2. 恋愛
  3. 当てはまったら要注意!気持ちが冷めてしまった男性の言動5つ

当てはまったら要注意!気持ちが冷めてしまった男性の言動5つ

  • 2020.12.3
  • 5151 views

付き合っている彼の態度が急に冷たくなると、不安が過りますよね。

できるだけ早く男性の心情の変化に気付くことができれば、彼の気持ちに寄り添えるかもしれません。

そこで今回は、「冷めてしまった」男性の言動を、5つ紹介します。

もし当てはまる場合は、彼との関わり方を工夫したり、マンネリを解消するための取り組みを増やしたりしましょう。

目を合わせようとしない

恋愛感情を抱くと、人は相手の目を何秒も見つめるようになります。

好きな人とはよく目が合う、なんてこともよく聞きますが、これはそれだけ相手を愛で追っているからこそ。

しかし反対に、恋愛感情が冷めると、目を逸らすようになるのだとか……。

目は、その人の本心が表れやすいもの。意識していないと、視線の動きまでコントロールできる人は少ないため、「彼の気持ちを知りたい」と思ったときには観察してみましょう。

ただし、「もともとシャイで目を見れない」「好き避けする」「嘘や隠している何かがある」などの場合も目を逸らします。以下、ほかの項目からも判断しましょう。

笑顔が少ない

一緒にいても楽しくないと、自然と笑顔が少なくなります。

楽しめないくらい疲れ切っているか、恋愛感情が冷めているかのどちらかでしょう。

まずは彼が落ち込んだりストレスを抱えていないか確かめることがおすすめ。

気分が落ちているときに、「冷めたの?」と問いただしてしまうと、追い打ちをかけることにもなりかねません。

とくに悩んでいる様子がない場合、自分との関係性に亀裂が入ったり、マンネリしているのかも。

彼が楽しめるような話題やデート内容を増やしてみましょう。

LINEなどの返信が後回しになる

男性は、女性に比べてLINEを面倒に考えている傾向にあります。

そして、恋愛感情が冷めるとがんばって返信する理由がなくなり、どんどん後回しになっていくでしょう。

また、女性からの連絡頻度が高すぎたり、返信に悩む内容を送っている場合も、男性からのリアクションが薄くなります。

まずは彼が返信しやすい話題を選ぶように意識しましょう。

彼が冷めている場合は、LINEの内容を工夫するよりも直接会って関係性を修復することが重要かもしれません。

スキンシップを避ける

信頼・愛情の延長にスキンシップはあります。好きな相手だからこそ「イチャイチャしたい」と思えるもの。

スキンシップを避けるのは、それ以前の段階で信頼関係が崩れているサインかもしれません。

一方的な会話になっていないか、受け身になりすぎていないか、NG発言をしていないかなど、コミュニケーションの内容を振り返ってみましょう。

前述した「目を合わせない」「笑顔が少ない」などの状態では、同時にスキンシップを避ける傾向が高まります。

急に予定が増えて構ってくれない

彼女の優先度が下がると、友達や趣味に費やす時間が増える傾向があります。

もともと恋愛以外も優先しているタイプの男性なら大丈夫。ですが、急にほかの予定が増えて構ってくれないのは、恋愛感情が冷めているからかもしれません。

さらに、理由をつけてデートを断っている可能性もあります。

距離を置きたいと思っている相手を追いかけると逆効果になるため、あまりに断られる場合は急かさずしばらく様子を見てみましょう。

ただ、「仕事が忙しい」などの理由で余裕がなくなっているときも、構ってくれなくなります(というよりも、構えなくなってしまいます)。

彼の口から「冷めた」と言われるまでは、感情的になりすぎない方がベターです。

「冷めているかも」と思ったら早めに対処しよう

恋愛感情が冷める前には、いくつかの段階があります。

違和感に気付いたら早い段階で、関係性を改善するための工夫を始めましょう。

また、もし相手が完全に冷めている様子ならば、「相手に考える余裕を与える」「冷静に話し合う」などの対策が必要になります。

無理に迫るよりも、「最近元気ないけど何かあった?」「気になるところがあったら教えてね」と優しく声をかけてみてください。

(岡あい/ライター)

(愛カツ編集部)

元記事で読む