1. トップ
  2. Spotifyで2020年に最も再生されたアーティストが発表!今年はヒップホップの1年に

Spotifyで2020年に最も再生されたアーティストが発表!今年はヒップホップの1年に

  • 2020.12.1
  • 988 views

音楽ストリーミングサービスのSpotify(スポティファイ)が、2020年に最も再生された音楽のリストを発表した。(フロントロウ編集部)

2020年に世界で最も再生された音楽は?

2020年も残すところあと1ヶ月となり、音楽ストリーミングサービスのSpotify(スポティファイ)が今年最も再生された音楽のランキングを発表。プエルトリコ出身の26歳であるバッド・バニーが、2020年に最も再生されたアーティストの座に輝いた。

画像: 2020年に世界で最も再生された音楽は?

バッド・バニーは今年1年でSpotifyにおいて83億回以上の再生回数を記録。彼は今年、2月にセカンドアルバムとなる『YHLQMDLG』を、11月にサードアルバムとなる『El Último Tour Del Mundo』をリリースしており、『YHLQMDLG』は33億回再生を記録して、今年最も再生されたアルバムのランキングでも首位を獲得した。

2020年に最も再生されたアーティストの2位には、ドレイクがランクイン。さらに、3位にはJ.バルヴィンが、4位にはジュース・ワールドがランクインして、上位を男性のヒップホップアーティストが占める結果となった。5位には、「Blinding Lights」がおよそ16億回再生されて今年最も再生された楽曲となり、同曲が収録されたアルバム『アフター・アワーズ』が今年2番目に再生されたアルバムとなったザ・ウィークエンドがランクイン。上位5組は、全員が男性アーティストという結果だった。

一方で、2020年に最も再生された女性アーティストは、2019年に続いて2年連続でビリー・アイリッシュに。ビリーが2019年1月にリリースしたアルバム『ホエン・ウィ・オール・フォール・アスリープ、ホエア・ドゥ・ウィ・ゴー?』も、2年連続で最も再生されたアルバムのトップ10にランクインした。

Spotifyが発表したランキングは以下の通り。

最もストリーミングされたアーティスト

1位 バッド・バニー
2位 ドレイク
3位 J.バルヴィン
4位 ジュース・ワールド
5位 ザ・ウィークエンド

最もストリーミングされた女性アーティスト

1位 ビリー・アイリッシュ
2位 テイラー・スウィフト
3位 アリアナ・グランデ
4位 デュア・リパ
5位 ホールジー

最もストリーミングされた楽曲

1位 ザ・ウィークエンド「Blinding Lights」
2位 トーンズ・アンド・アイ 「Dance Monkey」
3位 ロディ・リッチ「The Box」
4位 イマンベク&セイント・ジョン「 Roses(Imanbek Remix)」
5位 デュア・リパ「Don’t Start Now」

最も再生されたアルバム

1位 バッドバニー『YHLQMDLG』
2位 ザ・ウィークエンド『アフター・アワーズ』
3位 ポスト・マローン『ハリウッズ・ブリーディング』
4位 ハリー・スタイルズ『ファイン・ライン』
5位 デュア・リパ『フューチャー・ノスタルジア』

(フロントロウ編集部)

元記事で読む