1. トップ
  2. 恋愛
  3. デートはするのに・・・「付き合おう」と言ってくれない男性の本音

デートはするのに・・・「付き合おう」と言ってくれない男性の本音

  • 2020.12.1
  • 3373 views

デートは何度もしているのに、彼から「付き合おう」の一言がなかなか出てこない・・・なんて辛い経験を今まさにしている人もいるかと思います。
脈は確実にあると思うし、定期的に会ってもいるし、なんならキスだってした・・・それなのに「付き合おう」という言葉だけがなかなか出てこない。
実は「付き合おう」を言わない男性は、心の中で色々計算をしたり考えたりしているみたいなんです。デートはするのに付き合おうと言ってこない彼の本音について解説します。

仕事と恋愛の両立が出来るか悩んでる

アラサー世代の男性は、仕事が特に忙しくなる時期です。毎日忙殺的なスケジュールをこなしたり、営業のノルマ達成に追われてストレスもいっぱい・・・。
そんな状態の時に、いいなと思う女性に出会ってデートをしても、「付き合おうと言ったら責任が生じそうで怖い」と考えてしまうみたいなんです。
「付き合ったら休日を彼女に取られるのか」「仕事でいっぱいいっぱいなのに、恋愛している余裕なんてあるのか?」と考えると、なかなか付き合おうの一言が出てこないようです。

恋愛のほかにお金を使いたい

付き合ったら、最初くらいは格好良いところを見せたいし、デートで割り勘というわけにはいかず、大盤振る舞いをしてしまう男性も少なくありません。
そのため、男性は、「恋愛ってお金がかかるんだよな」と思っている人が多いみたいなのです。
のめりこんでいる趣味がある男性は、そっちにお金を使いたいと考えているので、「恋愛したら趣味にお金が回せなくなる」という理由で、付き合おうという言葉をなかなか言えません。
例えば、車やゴルフなどはお金がかかるので、そういった趣味を持っていると「1、2回のデートならまだしも、これが毎週だとな…」とお付き合いを躊躇してしまうことも。

まだまだ遊び足りない!もっと女性と知り合いたい

まだまだ遊び足りず、いろんな女性と付き合いたいと考えている男性も「付き合おう」という言葉は口にしません。
なぜなら、付き合おうといったらイコール彼女になってしまうわけで、違う女性と遊んだら浮気になってしまいますよね。
でも、誰とも付き合わなければどの女性も同じラインに並ぶ、同じ程度好きな人。
そんな風に女性との関係を軽く見ている男性も少なからずいるのです。
また、悪気は無くてもモテる男性なら「色々な女性を見比べて、一番良い人と付き会いたい」と考えている事もあるかもしれません。
若い時に遊んでこなかった人、大学デビューで30代を過ぎてもまだチャラチャラしているタイプの男性は、もしかするとこの状態にあるのかもしれません。

付き合ったつもりになっている

告白はないものの、男性のなかで「お付き合いしているつもり」になっている人は多いでしょう。
特に、大人になればなるほど、学生の頃のように「付き合ってください」と告白するのは恥ずかしくて避けたいと考える人も沢山います。
男性に多いのが「デートを何度もしているんだから、付き合っていると思う」という回答。
わかってほしいという男性の気持ちがにじみ出ているような気がします。
それに対し女性は、「付き合って欲しい」と言われて付き合うのが正解のように感じてしまいますよね。
イチイチそれを言わなくてもわかって欲しいと思う男性と、告白はちゃんとして欲しいという、男女の性質の違いがもどかしいですね。

付き合っている人が他にいる

ズルイ男性は「付き合おう」と言わず、本命の彼女がいるのにセカンドの彼女を探そうとする事があります。
この手の男性は、女性のかゆい所に手が届くタイプも多いので、知らず知らずに本気になってしまう女性も多いのかも。
嘘も上手だったりするので本命彼女のことを上手く隠して、まるであなたしか好きじゃないし、あなたとだけしかデートしないという立ち振る舞いをして、より本気にさせられてしまいます。
でも、上手に嘘をつくのにも限界があり、どこかで話しのつじつまが合わなくなったり、デートできない日があるなどの不審を感じることが出てくるはずです。しっかりと見極めなければ、傷つく結果が待っているかもしれませんよ。

この他にも、本当は既婚者だった、忘れられない元カノがいるという男性も、「付き合おう」と言わないケースがあるみたいです。
手っ取り早く彼の気持ちを知りたいのなら、ちょっとだけ面倒くさい質問を投げかけてみてください。
「私と付き合っているの?」、「なんで付き合おうって言ってくれないの?」でも良いです。
気持ちが付き合おうまで達していない男性は、ここで大抵面倒くさそうな態度を取るので、すぐに見極めは付けられるでしょう。
どっちなんだろう・・・と長い時間振り回される事を避けたいなら、ちょっとだけ勇気を出して彼を試してみるのもアリかもしれませんね。

元記事で読む