1. トップ
  2. 恋愛
  3. 今月のあなたはモテ女?12星座・12月のモテ度ランキング

今月のあなたはモテ女?12星座・12月のモテ度ランキング

  • 2020.11.29
  • 27010 views

ちょっと前まで浮いた話がなかった女の子が、今はモテモテ……!そんな状況を目の当たりにしたことってありますか?

そう、モテる女子はタイミングを有効活用するもの。

あなたもモテ女子になるべく、今月の星回りをチェックしてみてはいかがでしょう。

そこで今回は、12星座ごとに「12月のモテ度ランキング」をご紹介いたします。

おひつじ座のあなた…モテ度87%

パワーがみなぎり、積極的に行動できる月。恋のチャンスもつかみやすいので、自信を持って行動しましょう。

友人に自分の恋愛相談をすると、進展のヒントがもらえそうです。

頭に浮かんだ友人がいれば、すぐにお茶に誘ってみましょう。

おうし座のあなた…モテ度46%

あなたが恋に積極的になれないのであれば、それはあなたが未来の事ばかり心配しているからなのかも。

今月はもっと今を楽しむ事に意識を集中させてください。

あまり躊躇する姿は、相手も不安にさせてしまいます。勇気を持ちましょう。

ふたご座のあなた…モテ度39%

感情的になってしまうと、恋のチャンスを逃す月。あなたの感情を周囲に押し付けてしまってはいけません。

何事にも、リラックスをして挑みましょう。

ハーブティーなどを飲んで、心を落ち着けてみるように心がけてください。

かに座のあなた…モテ度40%

あなたが不意に出した言葉が周囲の人を傷つけてしまう月。

そんなつもりはなかったのに、気を引こうと言った言葉が相手に刺さってしまいます。

今月は、言葉を大切にして自分をアピールしましょう。オブラートに包む意識が大切です。

しし座のあなた…モテ度68%

判断力が冴えて、恋の進展に期待できる月。あなたが出した答えが、ことごとく当たる可能性大。

また、日ごろのストレス発散を積極的に図ってみてください。有意義な時間を過ごせていると実感できます。

おとめ座のあなた…モテ度91%

今の自分の恋に関して大きな手ごたえを感じられる月です。

その直感は間違っていませんが、焦って行動するのではなく、その状況を信じてどっしりと構えておくことも大切です。

芸術などに目を向けると良いタイミングでもありますよ。

てんびん座のあなた…モテ度55%

理想の恋を追いかけすぎると、失敗しやすい月。

あなたが楽しく理想をイメージしているうちはいいのですが、相手に押し付けてしまってはいけません。

周囲に話すのではなく、自分のノートに夢を思い描くくらいで留めておきましょう。

さそり座のあなた…モテ度73%

今月は「過去の出来事」のなかに幸運が隠されています。

昔好きだった人が、あなたの前に現れるかも。

それは新しい恋の予感だと感じるかもしれませんが、それはあくまでもあなたが新しい恋を手に入れるための、「過去から学べ」というメッセージのようです。

いて座のあなた…モテ度86%

周囲から注目を集める月。あなた自身の魅力も高まっているので、恋のチャンスも増えます。

恋以外でも自信に満ち溢れているときなので、物事に進展が見られる時期です。心の準備をしておきましょう。

アンテナを張っておくことも忘れずに。

やぎ座のあなた…モテ度99%

恋の運勢は絶好調です。

新しい恋の予感を抱いたり、相手との関係の進展を肌で感じられるでしょう。その感覚は思い過ごしではありません。

あなたが幸せをつかむきかっけとなるはずです。幸せを受け入れる覚悟をしてください。

みずがめ座のあなた…モテ度74%

恋愛を楽しむというよりも、将来を落ち着いて考える事ができる月。

結婚について理想をまとめてみると良い一ヶ月となりそうです。

将来、どんな結婚生活を過ごしたいかを考えると、どんな恋愛をすればいいのかが見えてきますよ。

うお座のあなた…モテ度49%

恋に危険信号が点る月。

あなたの良くない噂を流されたり、何かしら邪魔が入ります。決して感情をむき出しにせずに、冷静に対処しましょう。

それができれば問題なく過ごせる一ヶ月です。周囲を気にしすぎないで過ごすように心がけてみましょう。

12月はとくに相づちを大切に

会話のリズムを作るとき重要なのが「相づち」です。

話の中における適切な相づちは、会話をリードし相手をいい気分にさせるという効果があります。

そのため相づちを会話の中に織り交ぜることで、相手に気持ちよく話してもらえるように意識しましょう。もちろん、あなた自身が何も話さないとしても、です。

まずは相づちからスタートして、相手の話をリズムに乗せてみて。きっとモテるはず。

(脇田尚揮/占い・心理テストクリエーター)

(愛カツ編集部)

元記事で読む