1. トップ
  2. レシピ
  3. ごぼうで腸活! 食材2つでお手軽&ほっこりおいしい「鶏肉とごぼうの豆乳みそスープ」

ごぼうで腸活! 食材2つでお手軽&ほっこりおいしい「鶏肉とごぼうの豆乳みそスープ」

  • 2020.11.28
  • 643 views
鶏肉とごぼうの豆乳みそスープ

癒される〜。ほっこり温まる「鶏肉とごぼうの豆乳みそスープ」

鶏肉とごぼうの豆乳みそスープ

こんにちは。管理栄養士のエダジュンです。
本日の腸活食材は「ごぼう」です。

冬になると根菜がおいしい季節です。香りも、風味もしっかりと感じられるごぼうは、スープの具材にとっても適しております。最初にごま油で炒めると、香ばしさも感じられたり、煮込み時間の時短にもつながります。鶏肉も一緒に焼いて、食べ応えのあるホッとするスープはいかがでしょうか。

<材料 1〜2人分>
・鶏もも肉 100g
・ごぼう 50g
・ごま油 小さじ2
・和風だし 100ml
(または、水100mに対して、和風顆粒だし小さじ1/2を混ぜたもの)
・無調整豆乳 200ml
・みそ 小さじ2

<作り方>
1.鶏もも肉はひと口大に切る。ごぼうの皮はよく洗い、ななめ切りにする。

鶏肉とごぼうを炒める

2.鍋にごま油をひき、中火で鶏肉は皮面から、そしてごぼうを炒める。

鶏肉とごぼうを炒めて和風だしを入れて煮込む

3.鶏の皮面に焼き色がついたら、和風だしを加えて、中火で4〜5分ほど煮込む。

4.(3)に豆乳を入れて弱火で温め、みそを溶く。

鶏肉とごぼうの豆乳みそスープの鶏肉を箸でつかんでいる

!!栄養メモ!!
ごぼうは腸内を整える、食物繊維の宝庫とも言われております。
「水溶性食物繊維」「不溶性食物繊維」どちらも含まれ、不溶性食物繊維は腸の中で食品の水分を吸収してふくらみ、腸壁を刺激して、便の排出を促してくれます。水溶性食物繊維は腸内細菌のエサになり、腸内環境を整えてくれます。ごぼうは皮の部分にこそ、栄養がギュッと詰まっているので、泥などをしっかりと洗って、使いましょう。

また、アク抜きなどをすると、せっかくの食物繊維や栄養が逃げてしまうので、今回はしっかりと焼くのでそのまま使ってくださいね。
また、「豆乳」には、オリゴ糖が含まれており、腸内の乳酸菌を増やし、便秘解消にも期待ができます。

元記事で読む