1. トップ
  2. スキンケア
  3. 【VOCEベストコスメ2020下半期】【プチプラスキンケア部門】肌ラボの革命的進化に美容業界も騒然!

【VOCEベストコスメ2020下半期】【プチプラスキンケア部門】肌ラボの革命的進化に美容業界も騒然!

  • 2020.11.25
  • 9982 views

ベストコスメ特設ページはこちら!

2020下半期ベストコスメ

プチプラスキンケア部門◆3位

【アクアレーベル】
スペシャルジェルクリームN(モイスト)

90g ¥1800(編集部調べ)/資生堂

85点/410点

10点/ 穴沢 金子 神崎 貴子 山本
9点/ 小池 寺田 中川
8点/ 近藤

オールインワンの限界を突破した高保湿力に拍手

本部門の常連、アクアレーベルが今回も入賞。独自のアミノ酸処方に加え、最高濃度のコラーゲンGLを配合。この価格でこの贅沢レシピは資生堂だからこそ。一つで大満足の潤いとハリが叶うので、多忙な日用としても激推し。

ビューティライター

小池菜奈子さん

「ベタつかず、肌がむっちり! 保湿成分てんこ盛りの設計&続く潤い感も頼もしい」

プチプラスキンケア部門◆2位

【アルジェラン】
オーガニック認証 高保水化粧水

オーガニック認証 高保水化粧水 180㎖ ¥1500/マツモトキヨシ

155点/410点

10点/ 穴沢 安倍 神崎 貴子 中川 楢﨑 遠藤 三好 鏡 河津 渡辺
9点/ 小池 寺田 水井 吉田 佐野

精油パワー、フル活用! 巡らせて老化をストップ

着目したのは、本来の機能を果たさなくなったゴースト血管。くすみや乾燥、老化を加速させる原因となるが、経皮吸収と嗅覚刺激という精油ならではのWルートでアプローチ。ハリや透明感の手応え、香りやテクスチャーも見事で、デパコス級との声も。

ビューティライター

楢﨑裕美さん

「まろやかになじみ、即、弾みまくる濃密肌になる実力に、植物パワーのスゴさをあらためて!」

プチプラスキンケア部門◆1位

【肌ラボ】
極潤プレミアム ヒアルロン液

170㎖ ¥900/ロート製薬

222点/410点

10点/ 穴沢 安倍 入江 岡部 金子 齋藤 中川 楢﨑 松本千 水井 遠藤 中田 三好 沈 並原 渡辺
9点/ 小池 寺田 鬼木 佐野 西村 黒木
8点/ 松本薫

美の巨匠たちも絶賛するヒアルロン酸処方のエキスパート

肌がみずから潤う力を高め、バリア機能を強化。さらに紫外線による過度な炎症もセーブ。世界初の発酵ヒアルロン酸をはじめ、史上最多7種のヒアルロン酸を絶妙なバランスで合わせ、保湿の領域をはるかに超えるポテンシャルを存分に発揮させるのは、さすが。濃密な感触とあと肌のぷるぷる感も想像以上!

ビューティジャーナリスト

齋藤薫さん

「ともかくこの内容でこの価格は革命的。ヒアルロン酸が肌にできることのすべてを凝縮させて一本で肌ができ上がる。高級美容液のようなトロさら浸透はいっそ全身に纏いたくなる」

ビューティサイエンティスト

岡部美代治さん

「美容液かと思わせる潤いの持続感はヒアルロン酸を知りつくし、7種も処方した成果! 惜しみなく使うことで、トラブル知らずの肌になれる」

対象コスメ:2020年7~12月発売のコスメ、全部!(ただし、限定品は除く)
審査員:61名
選考方法:ジャーナリスト、スペシャリスト、エディター、ライター、VOCE編集部員はスキンケア12部門、メイク15部門のすべて、ヘア&メイクアップアーティストはメイク15部門のみ、対象コスメを審査。1品につき10点満点で投票を行ったうえで合計点を算出し、各部門賞を決定。さらに各部門1位をリスト化し、審査員はあらためて今期を象徴する優秀なコスメを、スキンケア部門、メイク部門から各2品ずつ、各10点満点で投票。合計点を算出し、最優秀賞、優秀賞を決定。

撮影/吉田健一、伊藤泰寛 スタイリング/坂下シホ 取材・文/穴沢玲子、中川知春、楢﨑裕美、飯島亜未 構成/大木光、河津美咲

元記事で読む