1. トップ
  2. スキンケア
  3. ノーファンデ主義は危険!?やりがちな間違い美容5選

ノーファンデ主義は危険!?やりがちな間違い美容5選

  • 2015.5.27
  • 4220 views

季節の変わり目は肌や髪の健康が乱れがち。「ケアしなくてはーッ!」と意気込んでいる人も多いのではないでしょうか。
ですが、自己流で行う美容法は間違っていることも……!そこで今回は、「間違いがちな美容法」を厳選して5つご紹介します。

■「毛穴を引き締めるために冷水で洗顔しています。」

→冷水で毛穴が引き締まるのは一時的なもの。毛穴の開きは、すぐに戻ってしまいます。また、洗顔できちんと汚れが落ちきっていないときに行うと、そのまま毛穴が閉じて、ニキビなどの肌トラブルの原因に!洗顔はぬるま湯できちんと汚れを落とすことが大切です。

■「夏は日焼けがこわいので、オイルは塗りません。」

→夏の肌は乾燥しがち。なので、オイルを使って保湿、肌の角質を柔らかくしてあげることが大切です。酸化しないオイルを使えば、日焼けの心配はありません。また、アルガンオイルやシアバターなどには紫外線吸収効果もあるため、保湿をしながら、日焼けも防止してくれます。

■「肌に負担をかけないために、ノーファンデ主義です。」

→ファンデーションは、紫外線や大気汚染から肌を守ってくれる機能があります。そのため、ノーファンデ主義は、肌の劣化を早めてしまう危険性が! UV効果のある低刺激のパウダーファンデーションで肌を守るようにしましょう。

■「メーク直しのときは、あぶらとり紙でしっかり皮脂をオフしています。」

→あぶらとり紙を使いすぎると肌に必要な皮脂までとってしまい、乾燥肌の原因に。また、肌のバリア機能が低下することによって、オイリー肌なってしまう危険性も。あぶらとり紙ではなく、化粧水を含ませたテッシュで軽く1、2度オフするのがおすすめです。

■「洗いながすトリートメントはたっぷり時間をおいてから流しています。」

→1度に吸収できる美容成分は限られているので、3〜5分ほどで十分効果が得られます。トリートメントをする際、痛みが気になる部分にしっかりと揉み込み、ブラシでコーミング、キャップをして時間をおくとより効果がアップしますよ。

最後に

美容によいと思いこんでいたことが、逆効果だったら大変!
是非、正しい知識を身につけて、ますます美に磨きをかけてくださいね。