1. トップ
  2. ハリセンボンへの質問が「紳士的」恋愛観を聞くTOKIOに称賛の声

ハリセンボンへの質問が「紳士的」恋愛観を聞くTOKIOに称賛の声

  • 2020.11.20
  • 229 views
ハリセンボンの2人(2017年撮影)の恋愛観とは?

2020年11月18日放送の「TOKIOカケル」(フジテレビ系)に、お笑いコンビ「ハリセンボン」がゲスト出演した。芸人としてではなく、一人の女性として真摯に恋愛事情を聞く「TOKIO」メンバーの姿勢に称賛の声が続出している。

「今回は笑いで落とさなくて大丈夫ですので...」

番組の冒頭、国分太一さんから「今回は笑いで落とさなくて大丈夫ですので、真面目に答えてください」とリクエストされ、近藤春菜さんは「芸人はそれが一番不安です...」と緊張気味に。

長瀬智也さんから「昔描いた結婚観は、今とは違う?」というリアルな質問をぶつけられると、近藤さんは20代で結婚と出産を漠然と思い浮かべていたものの、「今は結婚願望がまったくない」とキッパリ断言。過去に、飲み会で一緒になったある男性の一言がきっかけで「価値観の合う人間がいないんだったら、私一緒に暮らせないわ」と腑に落ち、「(結婚という)形に囚われなくてもいいんじゃないか」と考えるようになったと明かすと、松岡昌宏さんは「また違う一言でスポンと(考えが)変わるかも」と前向きな優しいコメントを添えた。

また、相方の箕輪はるかさんが元々結婚願望が薄いと話すと、「TOKIO」メンバーはそれぞれ「(彼氏がいたときに)結婚という文字は浮かばなかった?」「もう恋愛もいいってこと?」など言葉を選ぶように質問し、箕輪さんの恋愛事情に静かに耳を傾けるのだった。

真剣なまなざしで相槌を

「ハリセンボン」の2人の恋愛観を見事に引き出した「TOKIO」のメンバー。BGMである「DREAMS COME TRUE」の楽曲「未来予想図 II」(ピアノver.)の演出効果も相まってか、時折笑いをまじえながらも、真剣なまなざしで相槌をうつメンバーに対し、視聴者からは「ハリセンボンに真面目に恋愛話聞くTOKIO好きやー」「ちゃんと女の子として扱ってくれて、質問もそういうの選んでくれるの好き」「特に城島さんと長瀬さんがやさしくふたりの話を『うんうん』と聞いてて好きとなりました」「TOKIOの皆さんのhostとしての姿勢が優しくて紳士的で、なんか『良いものを観たなあー!』という満足感」などと称賛の声が相次いだ。

元記事で読む