1. トップ
  2. ダイエット
  3. 1週間で平均3kg痩せられるダイエット法、太ももに“すき間”を作る簡単ながら習慣など今週注目の話題

1週間で平均3kg痩せられるダイエット法、太ももに“すき間”を作る簡単ながら習慣など今週注目の話題

  • 2020.11.15
  • 17946 views

今週(2020年11月8日~2020年11月14日)お届けした話題の中から特に反響の大きかった話題を紹介☆ キレイな体型づくりのためにも参考にしたい『1週間で平均3kg痩せられるダイエット法』『太ももに“すき間”を作る簡単ながら習慣』など、週末のひとときまとめてチェックしておきましょう。

1週間で平均3kg痩せられる!話題を集めるダイエット法

様々なダイエットが今シーズンも話題になっていますが、いま海外を中心に話題になっているのが「サートフードダイエット」。簡単に取り組めて、しかもリバウンドリスクが低いのが魅力とされています。そんな話題のダイエット法の気になる中身をチェックしていきましょう。

どんなダイエット法なの?

「サートフードダイエット」を提唱しているのは、イギリスの栄養医学の研究者であるエイダン・ゴギンス氏とグレン・マッテン氏。彼らによれば“サーチュイン遺伝子”を含む食品“サートフード”を摂取することで、体内の“痩せる遺伝子”が活性化されて脂肪燃焼が促進されると言います。このサーチュイン遺伝子とは人の体内に本来備わっていて代謝に大きく関係のある遺伝子。しかも、このサーチュイン遺伝子が増えると抗酸化作用も強化されるので「エイジングケアにも効果を期待できる」のも魅力です。

どんな食品がサートフードに該当するの?

となると気になるのが、「どんな食品がサートフードなのか?」ということ。ゴギンス氏とマッテン氏によれば、「ケール、セロリ、パセリ、玉ねぎ、ルッコラ、いちご、りんご、ブルーベリー、デーツ、ウコン、大豆、ウォールナッツ、くるみなど」が該当します。

1週間で平均3kg痩せられるダイエット法、太ももに“すき間”を作る簡単ながら習慣など今週注目の話題

その他、穀物ではそば粉、油ではエクストラヴァージンオリーブオイル、スパイスではターメリック、チリペッパーが該当し、コーヒーや抹茶、さらにポリフェノールを含む赤ワインや85%以上のダークチョコレートも摂取してOKです。

実践するのに注意するポイントは?

やり方はこのサートフードをメインに食べるだけでOKですが、特定の食材に偏ることなく様々なサートフードの食材を幅広く摂ることが推奨されています。ただし、「最初の1週間(1〜7日目)」と「次の2週間(8〜21日目)」に分けた2段階の食事ルールの実践もポイントです。

まず「最初の1週間(1〜7日目)」のうち最初の3日間は1日の摂取カロリーを1,000kcal以内にして、サートフードをメインにした食事を1日1回、サートフードを使ったグリーンジュースを1日3回に摂取し、その後の4〜7日目は1日の摂取カロリーを1,500kcal以内にして、サートフードをメインにした食事を1日2回、サートフードを使ったグリーンジュースを1日2回摂取します。次の段階となる「次の2週間(8〜21日目)」は、サートフードを使ったグリーンジュースを1日に1回、サートフードをメインにした食事を1日3回摂るのがルール。なお、間食してもOKですが、間食もサートフードを摂ることが必須です。

ちなみにゴギンス氏とマッテン氏はこのダイエット法を40人に実施してもらったところ「1週間で平均3kgの減量効果が見られた」と報告しています。摂取できる食材が限られるという点がありますが、「満腹感を感じることができる」、「他のダイエットではNGとされるコーヒーやワイン、チョコレートなどもOK」と好評のサートフードダイエット。きちんと食べながらダイエットをしたい方はぜひ参考にしてみてくださいね。

太ももに“すき間”を作る簡単ながら習慣でしなやかなスリム脚へ

コーデ映えするためにも、好感度を高めるためにも、ほっそりかつしなやかな印象のキレイ脚をキープしておくことは必須。中でも特にケアしたいのがたるみの出やすい太ももの内側です。そこで習慣に採り入れたいのが、太ももの内側や股関節周りの筋肉にアプローチするピラティスの簡単エクササイズ【グランド・パス】。床に寝そべった状態で脚をパカっとゆっくり開閉させるだけとシンプルな動きのエクササイズなので、テレビを観ながらでも実践できます。

(1)骨盤が床と垂直になるよう横向きに寝そべり、片ひじを床につく

(2)口から息を吸いながら右ひざを曲げたまま床に対して直角に脚を立て、真上に向かって脚をゆっくり伸ばし、鼻から息を吐きながら脚を戻すを5回繰り返す

脚を変えて反対側も同様に行います。なお、実践時に「骨盤が床に垂直に立っていない状態」で行っても期待する効果を得られません。実践時は「骨盤が常に床と垂直な状態をキープすること」を必ず心がけてくださいね。<ピラティス監修:SHIERI(インストラクター歴5年)>

元記事で読む
の記事をもっとみる