1. トップ
  2. レシピ
  3. ハーブの香りで心も体もリラックス!秋の食卓にもう一品「根菜のハーブ焼き」

ハーブの香りで心も体もリラックス!秋の食卓にもう一品「根菜のハーブ焼き」

  • 2020.11.11
  • 1122 views

根菜の美味しい季節にハーブの香りをつけたオーブン焼き。とっても簡単で美味しいですよ。ハーブの香りで心も癒やされてストレス解消にもつながります。

このレシピを試すのにかかる時間

  • 40分

根菜の美味しい季節

michill

秋、根菜の美味しい季節です。レンコンに人参、さつまいも、長いも、大根。旬のものは体に嬉しいことがいっぱいです。

レンコンにはビタミンC、カリウム、食物繊維など豊富に含まれています。特にビタミンCはでんぷん質で守られているため、加熱しても壊れにくいという性質があります。これからの季節には喉や肌を潤す働きに優れています。血行も促進します。

人参には女性に嬉しい成分がたくさん配合されています。カロリーが低く水分が豊富、ビタミンやカリウムなど、アンチエイジングやきれいな肌のために欠かせない成分も入っています。

秋の根菜といえば、さつまいも。最近はいろんな種類を買うことができます。こちらも食物繊維が豊富で整腸作用に優れ、便秘の改善などが期待できます。「気」を補うため、疲労回復にも最適です。

長いもは滋養強制に優れ消化に良いので、食欲不振の時にも積極的に食べたい食材。

大根は加熱すると五臓の機能に有効と言われています。皮ごと調理したいので自然農法で育てられた野菜をなるべく購入するようにしています。

michill

今回使ったハーブはスーパーでも手に入りやすいタイムとローズマリー。ハーブの香りで心もリラックスでき癒やされます。お好みでハーブの種類は変えてもOKです。

根菜のハーブ焼きの作り方

材料

紅くるり大根

レンコン

さつまいも

人参

長いも

※お好みの根菜をお好みの量で。

オリーブオイル 大さじ1

塩 適量

タイム 適量

ローズマリー 適量

下準備

・根菜はよく洗って皮ごとカットします。

・食べた時の食感も味わいたいので少し大きめにカット。

作り方
michill

① お好みの根菜を一口大にカットしてボールに入れ、オリーブオイル大さじ1を回しかけます。

michill

② 耐熱容器にオーブンペーパーを敷き、①を並べ、塩を全体に振ります。

③ ハーブを並べます。

michill

④ 200度に設定したオーブンに入れて30分ほど焼いたら出来上がりです。予熱なしで調理し始めて大丈夫です。

今回使った根菜は、紅くるり大根、レンコン、さつまいも、人参、長いもです。

カットする野菜の大きさ、お使いのオーブンによって焼く時間は調節してください。さつまいもに串などをさしてすーっと入れば焼き上がりです。

それぞれのお野菜は火が入ると驚くほど甘みを増して美味しくなります。旬の食材は栄養価が高く、その季節特有のトラブルを未然に防ぐ力があります。

今の時季は空気が乾燥し、呼吸器系へのダメージや肌の潤いが不足しがち。体に合った食材をうまく体に取入れたいものです。

根菜のハーブ焼きは簡単で、お野菜がたくさん摂れるのも嬉しい、何かもう1品と言うときのお助けメニューです。ぜひお試しくださいね。

元記事で読む