1. トップ
  2. ネイル
  3. 簡単アートで本格ネイル♪ワイヤーを使ったデザインバリエを紹介

簡単アートで本格ネイル♪ワイヤーを使ったデザインバリエを紹介

  • 2020.11.11
  • 3079 views

セルフアートにはもちろん、サロンワークにも取り入れられる機会の多い、ワイヤー。今回は、ワイヤーを使ったネイルデザインを集めてみました。ワイヤーを使うと本格的なネイルアートを楽しめますので、セルフネイラーさんはぜひ参考にしてくださいね♪

ワイヤーを色々な形に整えたデザイン

とても柔らかく、変幻自在なワイヤーは、ネイルアートに使うのにもぴったりなアイテムです。ワイヤーを使うと色々なネイルデザイン作りを楽しめますが、その中から最初にご紹介したいのが、ワイヤーで自分の好きな形を作り、これを爪に乗せるアートです。

スマイルやハート、スクエア、サークル、フラワーというように、ワイヤーを使えばどんなモチーフも簡単に作れます。また、ネイルに手描きするアートとは異なり、何回でもやり直しOKなので、セルフネイル初心者さんにもおすすめです♪

ネイルシールとはまた違った、ワイヤーならではの質感を楽しんでくださいね。

セルフで本格ネイル!ワイヤーを使ったラインアート

苦手意識を持っているセルフネイラーさんも多い、ラインアート。確かに、ネイルに細いラインを描いたり、直線や曲線を描いたりするのって、なかなかハードルが高いですよね。

そういった悩みも、ワイヤーがあれば解決!カットしたワイヤーを爪に乗せるだけでキレイな極細のラインアートが完成しますし、ワイヤーを曲げてから使えば、曲線アートも簡単にできます。

ベースカラーを塗った爪にワイヤーのラインアートをプラスしたり、爪の周りをワイヤーで囲んだり。フレンチ部分をワイヤーで囲み、少し個性的なワイヤーフレンチネイルを作るのも素敵ですよね。

ワイヤーでフレームを形成したデザインも素敵♡

ワイヤーを使ったアートは、これでフレームを作るのも素敵です。

例えば、ベースカラーを塗り、丸く形成したワイヤーをフレームに見立ててONするデザインはいかがでしょうか。ワイヤーフレームのみでシンプルに仕上げてもいいですし、フレームの中に押し花を配置したり、フレームライン沿いにパールやストーンをあしらったりしてもいいでしょう。

わざとフレームラインを歪ませたり、ワイヤーを2重、3重にかさねたフレームを作ったり、といったアレンジも楽しいですよね。

アートに使うワイヤーの色も、ゴールドやシルバーだけでなく、ホワイトやピンク、ブラックというように、工夫してみてはいかがでしょうか。



Itnail編集部

元記事で読む