1. トップ
  2. 恋愛
  3. 大事なのは「出会い直し」復縁を成功させた人が実践していること

大事なのは「出会い直し」復縁を成功させた人が実践していること

  • 2015.5.24
  • 10691 views

みんなが見ている前で大ゲンカし、その場でお別れした知人カップルがいます。彼の浮気を責める女性の怒り方はすさまじく、彼のグラスの中身を彼にぶっかけるという、まるで映画のような展開。さぞ後味が悪かっただろうと思っていたのですが、2年くらいして「復縁したらしい」という話を飲みの席で聞かされました。事情を知っている友人知人たちは皆口々に「いったいどんな魔法を使ったの?」とただビックリするばかりでした。

復縁が新しい出会いを探すよりも難しいのは、ここイタリアでも同じです。たとえうまくいかなかった時でも、良い友人として人間関係を続けていくことも多く、彼らのコミュニケーション力の高さにはいつも驚かされてばかり。見事復縁を叶えた彼らが実践した、復縁のコツ3つをご紹介します。

1.アプローチはあまり間を空けない

遠距離恋愛になってしまった彼とすれ違いが重なったのが原因で別れた、知人女性がいます。別れた後、自分たちの何が悪かったのかしばらく悩み、その間自分の気持ちをひたすら見つめ直した彼女。「彼をまだ愛しているって気がついてからは、迷わなかった。でも、単にヨリを戻すんじゃまた同じことを繰り返しそうだったから、それだけは避けたかったの」と、どうやってアプローチしていくか綿密に考えました。

最初のアプローチは、別れてから4ヵ月くらいのタイミングを見計らって自分から電話し、会う約束をとりつけることに成功。そこからヨリを戻すのに、それほど時間はかからなかったそうです。「あまり間を空けてアプローチしてしまうと、私の存在を忘れている可能性がある。まだ彼の心に執着がある時期に連絡したほうがうまく行く」と成功のコツを語ってくれました。

2.気持ちをゴリ押ししない

とある知人女性は、社内恋愛で3年ほどつきあった彼と別れた後、ショックのあまり体調不良に。「入院中、泣きっぱなし。しかも、お見舞いに来てくれる人に八つ当たりしたこともあるわ」と、しばらくどん底の状態が続きました。そんな状態から抜け出すきっかけをくれたのは、彼女の妹。「ある時、妹が『今の自分が、周りの人をどれだけ傷つけているかわかる? 今のお姉ちゃんの顔は、最低よ』と鏡を私につきつけたの。ひどい顔の女が、鏡の中にいたわ」と苦笑しながら語ってくれました。

気力も体力も取り戻した後、再度自分の気持ちを確認した後は、部署は違えど同じ会社で働く彼に対して、常にベストのサポートを行うよう心がけたそうです。「あせって気持ちをゴリ押ししない、これが一番のコツかな。どうでもいいことで連絡をとりたくなっちゃうけど、それは絶対にしなかった」と、自分の気が済むまで、彼の良きサポーター・友達でいることを優先。別れてから10ヵ月ほどしたある日に、彼から食事に誘われた彼女は「ヨリを戻してほしい」と復縁を申し込まれたそうです。

3.長期スパンで行動する

美人ですが短気で有名な、とある知人女性がいます。なじみのバーに彼とよく来ていたのですが、別れたという噂を聞いてからは彼女を見かけることがなくなりました。なじみのバーで久しぶりに彼女の姿を見かけ、他の常連さんをまじえて話をきくと「彼といっときお別れしてて、その間でかける気力がなかったの」という答えが返ってきました。彼女の短気さに耐えられなくなった彼が別れを切り出したとき、「彼がいなくなってから、自分がどんなに彼を必要だったのか身にしみた」と語る彼女。思いつく限りカウンセリングやセラピーに通い、自分を変える努力を続けました。しばらくして壁にぶちあたり「短い時間で自分の内面が簡単に変わるはずがない」とさとってからは、無理をしないことに決めたそうです。

「変わった自分を真剣に見てほしかった。復縁のための単なるアピールなんじゃないかと思われるのはイヤだったからね。『最低一年は時間をかける、それでダメだったら本当にあきらめる』と決めたの」と決断した彼女は、少しづつ彼に連絡をとり、10ヵ月ほどで復縁に成功。短気で有名だった、トゲトゲしたオーラはすっかり消えて、余裕のある大人の女性の雰囲気をまとっていた彼女の姿は、「どおりで雰囲気変わったわけだ!いい女になったよ!」と周りを納得させていました。

復縁への期待に胸がふくらみすぎて、つい行動をあせってしまいがちな人もよく見かけます。しかし、ガツガツした姿はよけい相手を引かせてしまうものです。相手の気持ちを最大限配慮し、段階をふんで進めていくことが成功のキモ。悩んだときに、ぜひ試してみてくださいね!

(金丸 標)