1. トップ
  2. 恋愛
  3. 逃したくない女と思わせる、彼に結婚を意識させる3つのこと

逃したくない女と思わせる、彼に結婚を意識させる3つのこと

  • 2015.5.22
  • 17891 views

交際期間も長くなり、彼からのプロポーズの言葉を待っている人は、「早くプロポーズしてほしいのに」と、焦りを感じてしまいがち。

彼からなかなか憧れの言葉がないのであれば、こちらから働きかけることも大切です。結婚情報誌を見せたり、ウエディング関連の話題を出したりするなど、いろいろと方法はありますが、今回は相手に結婚を意識させるとても自然な方法を紹介していきましょう。

■彼と同じ方向を見つめよう

結婚のスピーチでよく用いられる言葉に、次のような名言があります。

“愛する。それは互いに見つめ合うことではなく一緒に同じ方向を見つめることである。(サン・テグジュペリ/フランスの作家)”

(『結婚式 主賓・来賓・上司・先輩のスピーチ』P80より引用)

あの、「星の王子様さま」の原作者、サン=テグジュペリの言葉です。お互いに愛情を注ぐことは大切ですが、それ以上に同じ方向を見つめ、協力し合って進んでいくことが大事だということを実感させてくれる言葉ですよね。

■将来に前向きな気持ちを抱いてもらう

これは夫婦だけでなく、カップルにも同じことが言えると思います。彼の夢や希望、どんな理想を抱いているのかを知り、それに対して理解を示すことが大切です。一緒に協力しながら、未来に向かって進んでいこうとする姿勢を見せれば、「この人となら!」と彼も思えるようになるはず。

彼の行動を制限しすぎたり、激しい束縛をしたり、価値観に理解を示さなかったりすると、「ずっとこの状態が続くのか…」と思い、未来への不安を感じさせてしまいます。自分本位にならないこと、相手の考えに耳を傾け、協調性を持つことも大切ですよ。

■同じ目標を持って支え合って生きていこう

どちらかが頑張るだけでは、「同じ方向」を向いているとは言えません。お互いに協力し合い、支え合うことで未来に向けて進んでいけるのです。

まずは2人だけの目標を立て、その目標を達成するために2人で頑張ってみては? 共同作業によってより強い絆が育まれ、目標を達成することで幸せや達成感を得られるはず。

結婚式 主賓・来賓・上司・先輩のスピーチ(著:田崎 道俊)

相手の嫌なところ、不満なところも当然あると思いますが、そういうところも踏まえた上で「同じ方向を見つめる」ことができるか、が重要になってきます。同じ夢、目的を持ち、共有し合って生きていけるということをアピールすることで、きっと彼も一歩を踏み出してくれますよ!

(RUREI)