1. トップ
  2. スキンケア
  3. とっても簡単で気持ちいい、ツボ押しとマッサージで小顔と美肌を手に入れよう

とっても簡単で気持ちいい、ツボ押しとマッサージで小顔と美肌を手に入れよう

  • 2015.5.22
  • 2851 views

エステに行ってフェイシャルマッサージの後、お顔がスッキリして目が大きく見える…そんな効果をご自宅でも体験してみたいですよね。

ご自宅での毎日のスキンケアに簡単にできる顔のマッサージ+ツボ押しをプラスしていてはいかがでしょうか?

お肌を老化させてしまうものに、日々のストレス、紫外線、排気ガス、乾燥、加齢などがあります。お肌の老化により、通常28日のターンオーバーはどんどん乱れがちになってきますので、フェイシャルマッサージにツボ押しをプラスして、血行を良くし、お肌の細部にまで血流に乗って栄養分や水分を行き渡らせましょう。そうすることで、真皮層にあるエラスチンやコラーゲンといったお肌の深部の弾力を回復させ、また老廃物や余分な水分を排出させることにより、スッキリ小顔に近づけます。さらに、新陳代謝、リンパ菅機能を高めることにより、シワやシミの改善も期待できるでしょう。

普段なんとなく行っているスキンケア、ただお顔の上を撫でているだけでは効果が半減してしまいます。洗顔後の綺麗なお肌に栄養をしっかり行き渡らせ、余分なものは排出するつもりで、これからご紹介するお顔のツボを刺激してみましょう。

■小顔、美肌になるための 顔のツボを押してみましょう!

・カンリョウ:頬骨の隆起しているところのすぐ下にあるツボ。上に持ち上げるようなつもりで押す。頬の血液循環がよくなり、シミ予防に。

・迎香(ゲイコウ):小鼻のすぐ脇のくぼみにあるツボ。美肌、シミに有効

・地倉(チソウ):口角のすぐ脇にあるツボ。ほうれい線予防に、シワ予防に

・欑竹(サンチク):目頭と眉毛の間のくぼみにあるツボ、毒素を排出

・太陽(タイヨウ):耳のすぐ横のくぼみにあるツボ、肌のターンオーバーを正常に

これらのツボをマッサージにプラスしてみましょう。マッサージの基本は、

1.下から上へ、内から外へ

2.筋肉の流れに沿ってしわと直角に

3.中指、薬指を使って脈拍に合わせるようにゆっくり優しく行う

まずは顎先から円を描くように上へのぼっていき耳の下へ、次に小鼻の横から円を描くように上がり頬骨の下のツボ、カンリョウを押し、そのまま上がり、耳の横のツボ、タイヨウを押します。それから、口角から円を描くようにのぼっていき、頬骨の下のツボ(カンリョウ)を押しそのまま上にあがり耳のすぐ横のツボを押します。

次に鼻の横から円を描くようにあがっていきこめかみのツボを押します。口周り顎先から口角まで引き上げツボ、チソウを刺激します。そして今度は、鼻の下から口角のチソウまで刺激します。これは左右の指で両方同時に行います。

次に鼻は小鼻の横のツボ、ゲイコウを押し、鼻筋下から上へと引き上げます。数回行いましょう。目の周りはツボ、サンチクから始まり、両方の指で眉毛の下を通りながら目尻までを数回手を滑らせていきます。

お顔がポカポカと暖かくなるまで、行いましょう。ご自宅で簡単にできるお顔のツボ押しマッサージ、ぜひ、普段のスキンケアに取り入れてみてくださいね。

(Haruko Komiya Wu)