1. トップ
  2. グルメ
  3. 【カルディ】大人気お菓子に限定品が登場!マニアの絶品アレンジ技も!

【カルディ】大人気お菓子に限定品が登場!マニアの絶品アレンジ技も!

  • 2020.11.5
  • 7840 views

日本でも輸入食材店やスーパーでも見かけるようになり、人気のあるチョコビスケット「TimTam」。その限定フレーバーがなんとカルディに登場! カルディマニアが実食リポート&さらにおいしくおしゃれになるアレンジ技や、本場オーストラリアでのちょっと衝撃的な!?食べ方についても紹介します。

オーストラリア発!大人気「TimTam」

今回紹介するのは「TimTam(ティムタム)」です。オーストラリアを代表するお菓子で日本でも有名ですよね。アーノッツという会社で製造されているティムタムは、ビスケットの中にクリームがサンドされていて、周りがチョコレートでコーティングされているお菓子です。

オーストラリアのスーパーマーケットや土産物店でも入手でき、以前留学していたことのある妹に話を聞いたところ、オーストラリア人はティムタムが本当に大好きでよく食べている、まさに国民的お菓子だとのこと。

塩気が効いてる!「TimTam ソルテッドキャラメル」

こちらがカルディ限定フレーバーのソルテッドキャラメル(398円)です。周りにはたっぷりとミルクチョコレートがコーティング、カットしてみるとビスケットにサンドされたクリームの中央には塩キャラメルソースが!

サクサクビスケットに濃厚なクリームがおいしい♪ 周りのチョコはミルキーでまったりと濃厚な味わい! 甘いけれどほんのり効いた塩気がいいアクセントになってやみつきになるおいしさです。

オレンジクリーム入り「TimTam ギズボーンオレンジ」

続いてもカルディ限定フレーバーのギズボーンオレンジ(398円)。こちらは先ほどのソルテッドキャラメルと見た目の色が全然違い、コーティングされているチョコレートがダークチョコです。

カットしてみると鮮やかなオレンジ色のクリームが! オレンジの香りもふわっと漂います。こちらはビターなビスケット&チョコレートに甘いオレンジクリームがよく合います。チョコレートとオレンジの組み合わせは間違いないですよね。とってもおいしいです。

 

ワンランクUPのおしゃれアレンジ技!

そのまま食べてもおいしいティムタムをさらにアレンジして、見た目も味もワンランクUPしてみます!

まずティムタムを一口大にカット。ホイップクリームとお好みのフルーツをグラスに交互に重ねていきます。私はぶどうと、いちごジャムを使用しました。

最後にティムタムを丸ごと1つトッピングしてティムタムトライフルの完成です。ティムタムのサクサク食感と甘み、フルーツやジャムの甘酸っぱさ、まろやかなホイップがよく合って贅沢な味わいに。

オーストラリアではこんな不思議な食べ方も!?

オーストラリアに留学経験のある妹によると、現地では皆おもしろい食べ方をしていたとのこと。ティムタムをストローのようにして食べる「ティムタムスラム」と呼ばれる食べ方、初チャレンジしてみます!

まずティムタムの角を2カ所カット。これがドリンクにつける部分と吸い込み口になるんですね。ドリンクはホットコーヒーが主流だそうですが、今回は牛乳を準備しました。ティムタムを牛乳につけストローのようにして吸います!(写真は次女が挑戦中)。

牛乳がじんわり染み出てきて初めての感覚! おもしろいです。そして、全体に牛乳が染み込んだティムタムがとってもおいしい! そのままで食べるとサクサクだったビスケットが、しっとりケーキのような食感と味わいになりました!

いかがでしたか? 1パックに9枚入っているから、いろいろな食べ方を楽しめるのはうれしいですよね。カルディ限定品のティムタム、店頭やオンラインで見かけたらぜひチェックしてみてくださいね。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

※本記事内の価格表記は、すべて消費税込みの価格です。

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗では臨時休業や営業時間の変更などを実施している可能性があります。商品購入の際には自分だけではなく周りの方、スタッフの方への感染防止対策を十分におこない、安全性に配慮していただくなどご注意ください。外出を楽しめる日が1日も早く訪れますように!

ベビーカレンダーでは家事や収納、ファッションなど、ママたちの暮らしに寄り添った【ライフスタイル記事】を強化配信中! 毎日がもっと楽しく、ラクになりますように。


著者:舞

カルディや業務スーパー・コストコが大好きな3児の母。輸入食品や大容量食材の保存術・アレンジ料理が得意! Instagramやブログ、YouTubeで購入品の感想やアレンジ技などの活用法を発信中。テレビや雑誌などメディア掲載も多数。

ベビーカレンダー編集部/ライフスタイル取材班

元記事で読む