1. トップ
  2. 恋愛
  3. 付き合う季節で長続きする確率が違う?恋愛と季節の不思議な関係

付き合う季節で長続きする確率が違う?恋愛と季節の不思議な関係

  • 2020.10.30
  • 3755 views

付き合い始める季節によって、恋愛が長続きするかどうかがわかる、という説があることを知っていますか?誰でも好きな人とは長く付き合いが続けばいいな…と思いますよね。そのためにも、付き合い始める季節を頭の中に入れておくべきかも。暑さや寒さ、その季節のイメージは、人の心理に大きな影響を与えるのでチェックしておきましょう。

春はやっぱり別れやすい?

春から始まる恋愛は、相手の生活環境によって続くかどうかが決まります。卒業や就職など新生活が始まると、新しい生活になじむのに時間がかかるため、恋愛どころではなくなる場合も少なくないですよね。

新生活が忙しくてデートできない場合でも、こまめなフォローを入れていれば相手が不安に感じることはありませんが、他の季節と比べてフォローを怠ってしまうと…すれ違いや不安によって別れてしまう可能性が高くなります。

特に春先の環境変化で始まる遠距離恋愛などによって気持ちが冷めてしまうことや、自然消滅してしまうカップルは多いので、春の恋はデリケートと認識しておきましょう。

夏の恋は短いことが多い

夏はイベントが多いためにデートの回数も増えるでしょう。また日が長いので一緒にいる時間も長くなります。恋人と過ごす時間が比較的多くなるので、長続きしやすいように思いますが、夏の恋は季節の中で最も短いことで有名です。

これは、気温の暑さからくる高揚感や開放的な気分になる夏独特のテンションで、相手を好きだと勘違いしやすくなってしまうことが理由の一つです。その結果、夏に始まる恋愛はイベントの中から生まれることが多いですよね。また他の季節なら気になる部分が、夏には気にならなくなって付き合い始めるという場合も多いでしょう。

けれど、風が冷たくなる夏の終わりと同時に気持ちも冷静になって、相手と一緒にいることに疑問を感じるようになるのです。秋に向けて別れが多くなるので、夏に始まる恋にも注意は必要です。

秋は最も恋愛が長続きしやすい!

秋は気候が安定していて、デートする場所やイベントも豊富にあるので、カップルとしては楽しみが多い季節ですよね。特に皆でワイワイと過ごすよりも、二人でしっぽり過ごすといった秋の夜長的な雰囲気に陥りやすくなります。そのため、一緒に出掛けて価値観を共有したりコミュニケーションを重ねたりする機会が増え、お互いを良く知れることから付き合いが続きやすくなるのです。

また、暑い季節から肌寒くなる季節の変わり目を実感するため、妙に人肌恋しくなる季節でもあります。なので、お互いに一緒にいてちょっとしたスキンシップを求めやすくなる傾向も秋にはあるのです。スキンシップの行為には、幸せホルモンと呼ばれるセロトニンが放出されやすくなるため、恋愛が長続きしやすくなるともいわれています。

冬はタイミングや関係性によって異なる

冬はカップルイベントが多いことから、デートの機会は確実に増えます。しかし、始まるタイミングや人によっては夏よりも短命の恋になる可能性があります。

なぜなら、クリスマスや年越し、バレンタインデーなどのカップルイベントが始まる前に恋人を作っておきたいと焦る人が多くなるからで、その結果、誰でもいいから一緒にいたいと考え、安易に付き合い始めてしまうケースが増えるのです。

このような場合、イベントが終わることで気持ちも冷めてしまい、そのまま別れてしまう傾向は高くなります。

ただし、イベントと関係なく趣味や仕事の関係から付き合いが始まった場合、寒さから家デートの回数が増えたり、くっつきやすくなるためにスキンシップが多くとれたりと、お互いに仲を深める時間を多くとることができるので、付き合いが長続きする効果も冬にはあります。

元記事で読む