1. トップ
  2. 吸血鬼×ハンターの少女たちが恋に⁉︎ エマ・ロバーツがYA小説『First Kill』をNetflixでドラマ化

吸血鬼×ハンターの少女たちが恋に⁉︎ エマ・ロバーツがYA小説『First Kill』をNetflixでドラマ化

  • 2020.10.26
  • 121 views

ドラマ『アメリカン・ホラー・ストーリー』のエマ・ロバーツが、Netflixの新作ドラマ『First Kill』を制作することが決定した。10代のヴァンパイア少女がヴァンパイアハンターの娘と恋に落ちるストーリー。(フロントロウ編集部)

エマ・ロバーツ、Netflixで新作ドラマ

ドラマ『アメリカン・ホラー・ストーリー』シリーズや映画『なんちゃって家族』などに出演しているエマ・ロバーツが、Netflixでドラマ『ファースト・キル(First Kill)』の制作を手がけることが決定した。

ドラマ『ファースト・キル(First Kill)』は、ニューヨークタイムズのベストセラー作家ヴィクトリア・シュバーブによるヤング・アダルト(YA)短編小説をベースにした全8話となるシリーズ。この短編は、今年9月にアメリカで出版されたばかりの短編アンソロジー集『Vampires Never Get Old:Tales with Fresh Bite』に収められている。

画像: エマ・ロバーツ、Netflixで新作ドラマ

エマは、自身の制作会社Belletrist Productionsを一緒に立ち上げたカラー・プレイスと共にプロデューサーを務める。Belletristはもともと読書家のエマがカラーと始めた読書クラブ。制作会社のBelletristProductionsとしては、すでに米Huluにてカローラ・ラヴァリングによる小説『Tell Me Lies』をドラマ化することが決定している。

脚本・製作総指揮は原作者のシュバーブが担当。また、ドラマ『FRINGE/フリンジ』のフェリシア・D・ヘンダーソンも脚本を手掛けてショーランナーを務める予定。

『ファースト・キル(First Kill)』のあらすじは?

『ファースト・キル(First Kill)』の主人公は、10代のヴァンパイア少女ジュリエット。彼女は吸血鬼の名門一家の一員として自分の地位を確立するために、最初の「殺し」をしなければならなかった。

そんなジュリエットが目をつけたのが、街に引っ越してきたばかりの少女カリオペ。ところがカリオペは、有名なヴァンパイアハンターの一族の娘だった。そうとも知らぬジュリエットはカリオペに接近。互いに殺し合うはずの2人は、恋に落ちる…。

著者のヴィクトリアは米CWで制作が決定しているドラマ『The Archived』の原作小説も手掛けている。『The Archived』は、ゴーストハンターの一家の姉妹を描いた物語で、“次なる『スーパーナチュラル』”とも言われている期待作。

ちなみにエマは2020年8月に恋人のギャレット・ヘドランドとの第一子を妊娠していることを発表したばかり。活動を俳優だけでなく制作サイドにも広げ、仕事もプライベートも順調に進んでいるよう。(フロントロウ編集部)

元記事で読む