1. トップ
  2. 恋愛
  3. 子どもの怪我を学校に相談するのはモンペ?/学校で怪我を負わされた(前編)【教えて!弁護士さん Vol.13】

子どもの怪我を学校に相談するのはモンペ?/学校で怪我を負わされた(前編)【教えて!弁護士さん Vol.13】

  • 2020.10.23
  • 55743 views

幼稚園時代は、毎日の送迎で先生と話したり、1日の様子が書かれた連絡帳などで、離れていても子どもの様子がうかがい知れました。しかし小学校になると一転、プリントと子どもの話、たまにある授業参観だけが様子を知ることができる最大の機会になります。

子どもがトラブルを抱えたとしても、「モンスターペアレンツ」と思われてしまうのではないかと、先生にすぐに相談するハードルは正直とても高く感じています。

しかし、息子が学校で怪我をしたことで、私たちも対応を考えざるをえませんでした。



文房具を振り回したりするぐらいは、子どもだったらするだろうな…という思いと、それでもこれ以上怪我しないように注意してもらった方がいいのか…。と、モヤモヤしながらも、この時は学校には何も連絡せずにいました。

しかし、私はこのことを後悔することになるのです。ある日、学校でもっと大きなトラブルが起こってしまったのです。



息子は元気なタイプでこれまでも転んだり、すりむいたりして帰ってくることはしょっちゅうありました。学校には病院に連れていくことに承諾し、取るものもとりあえず私も駆け付けました。

そこで衝撃的なことを聞かされたのです…!

次回に続く!

※この漫画は実話をべースにしたフィクションです


【監修弁護士】小澤 亜季子(おざわ・あきこ)弁護士

事業再生・倒産を主力業務とする法律事務所に入所。実弟の突然死や自身の出産・育児などを経て、2018年退職代行サービスを開始。労使双方の立場から、労働トラブルを取り扱っている。育休プチMBA認定ファシリテーターとして、育休取得者の支援も行う。

(ウーマンエキサイト編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる