1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. こんな使い方をしてる人は貧乏に…!? 金運が上がる「バッグの使い方」4選

こんな使い方をしてる人は貧乏に…!? 金運が上がる「バッグの使い方」4選

  • 2020.10.23
  • 96604 views

バッグは現代人に欠かせない生活必需品です。その人の名前や家相と同様に、持ち主の運命を表す鏡になると言われています。また、仕事道具やお金を入れて持ち運ぶ大切な役割も果たすため、持ち主の金運と密接な関わりがあると考えてよいでしょう。そこで今回は、バッグの状態を改善して金運を底上げする方法を、占い師の五十六謀星もっちぃ先生にご紹介いただきました。

文・五十六謀星もっちぃ

お財布は見えない場所にしまう

お財布が金運に大きな影響を与えるのは、よく知られた話です。ただ、どんなお財布が金運をアップさせるかについては、すでに多くの情報があると思いますので、今回はお財布をバッグのどこにしまうかという点に絞ってお伝えします。

基本的に、お財布は「暗くて涼しい場所」に置くのが最善とされています。バッグの形状にもよりますが、バッグの口から光が直接入る場所は避けたいところです。一目でお財布の姿が見えないような奥底にしまうのがよいでしょう。

バッグの構造上、見えないようにしまえない場合は、暗い色のハンカチを1枚上にかけるだけでも、かなりの効果が期待できます。

また、蓄財や節約をしたいときは、バッグの中でもなるべく体に近い位置にお財布をしまいましょう。

反対に、お金を使うと決めているときは、バッグの中央に収納しましょう。すると「安物買いの銭失い」にならず、必要以上の出費を避けられるでしょう。

出世できる仕事道具のしまい方

職業によって様々ですが、筆記用具や電卓など、いわゆる仕事道具の収納方法も大切です。これは現在の金運ではなく、将来の金運ともいうべき出世運との関係が深いです。

ペンやメモ帳など、よく使うアナログな道具については、なるべくむき出しのまま、自分の体に近い位置に収納するのがよいでしょう。

また、仕事道具の大きさがバラバラ、種類が多いなどの理由でポーチやケースを使う場合は、茶色か黒の滑りのよい素材のものを選びましょう。

スマホはなるべく体から遠くに

たとえ仕事に使う道具でも、パソコンやスマホのようなハイテク機器を収納するときは、なるべく体から離した場所に置くのがよいとされています。これらのハイテク機器は「火」の性質をもつパワフルな道具ですので、いつも体の近くに置いていると、その強力なエネルギーを受けすぎて、仕事に忙殺される恐れがあります。

多少無理をしてでも金運をアップさせたい場合は、「木」を連想させる薄い茶色系のカバーやケースを使って持ち運ぶのもよいでしょう。

逆に、少し体の疲れを感じてマイペースに働きたいと思ったなら、水色など寒色のカバーを選んでください。

身だしなみグッズのしまい方にも注意!

お財布や仕事道具の他にバッグに入れるものと言えば、化粧道具やちょっとした身だしなみグッズなどが挙げられます。

しかし、それらを無造作に収納してしまうと、人からの信用が得られなくなり、金運が低下してしまう恐れも。お金の流入を増やして金運をアップさせるためには、身だしなみグッズのしまい方にも注意が必要です。

人間関係を重視する仕事であれば、透明もしくは部分的に透明で、中身が見えるポーチに収納するとよいでしょう。

専門性のある仕事に就いているなら、中身が透けず、表面に多少ザラつきやデコボコ感のあるポーチを選んでください。色は、自分が一番好きな色を選びましょう。

五十六謀星もっちぃ
10代の頃から占い一筋に生きる職業占い師。
著書『1日2時間で月10万円 はじめよう 電話占い師』(同文舘出版)

©Halfpoint Images/gettyimages
©Morsa Images/gettyimages

元記事で読む