1. トップ
  2. 恋愛
  3. チェックしておくべき!「告白」をする際の注意ポイント

チェックしておくべき!「告白」をする際の注意ポイント

  • 2020.10.21
  • 9979 views

好きな男性への思いが抑えきれなくなったら、告白をしようと決心をする女性もいるでしょう。

でも、ただ闇雲に告白をするのでは、うまくいくものもいかなくなってしまう場合もあるかも。

そこで今回は、「告白」をする際の注意ポイントを紹介します。

「相手の状況」を知る

告白をする際に、まず最初に知っておかなければいけないのが、相手の状況です。

大きな仕事を任されて忙しいときや、プライベートで大きな問題があって大変なときなどは、さすがに恋愛どころじゃないでしょう。

そんなタイミングで告白をしたら、うまくいかないだけではなく、「今そんな状態じゃないことをわかってくれよ」と男性に嫌悪感を抱かれてしまうかも。

ある程度は落ち着いていて、心に余裕があるときなら、男性もあなたの気持ちに真剣に向き合ってくれるはずですよ。

「雰囲気づくり」を忘れない

告白をするにあたっては、その場の雰囲気もとても重要な要素になります。

人がたくさんいる場所や騒々しい場所などでは、男性としてもあまり気持ちが乗らないかもしれません。

また、周囲に人がいると、恥ずかしさのほうが大きくなるので、告白をされても集中できない可能性が大。

ある程度は雰囲気づくりにも気を使い、ムードを上手に高められると、男性のドキドキ感だって大きくなるでしょう。

「わかりにくい言い方」はNG

曖昧なセリフやわかりにくい言い方で告白をすると、男性にきちんと思いが伝わらないなんてことも…。

最悪の場合、告白をしていることに気づいてもらえないといった状態になってしまうかもしれません。

色々と言いたいことがあったとしても、まずはストレートに端的に自分の思いをぶつけることが大事。

本番は緊張感が相当増すのは間違いないので、前もってどんなことを言うのか、ある程度は決めておいたほうがいいですよ。

「関係性ゼロ」では難しい

まったく関係性が築けていない、ゼロの状態で告白をしても、成功する確率はかなり低いです。

いきなりすぎて男性は戸惑ってしまうでしょうから、さすがにそのままOKは出しにくいはず。

まずは少しずつでも距離感を縮めて、あなたの存在をちゃんとアピールしていきましょう。

どんな人なのかがそれなりにわかったほうが、親しみや安心感が生まれるので、告白成功へのハードルも低くなりますよ。

おわりに

「告白しよう」という自分の気持ちだけを突っ走らせるのは、やや危険な行為です。

相手あってのことなので、相手のことも考えないと、嫌な気持ちにさせてしまうことになりますよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)

元記事で読む