1. トップ
  2. グルメ
  3. 堺市のベーカリーから“高知産ゆず”を使った「とびばこパン」が季節限定登場

堺市のベーカリーから“高知産ゆず”を使った「とびばこパン」が季節限定登場

  • 2020.10.20
  • 1959 views

大阪府堺市西区の「パン ド サンジュ」では、高知県産のゆずを使ったミニとびばこパン3種類と、マロンクリームを使用したモンブランパンを、季節限定商品として10月31日(土)まで販売する。

「とびばこパン」で全国区に

大阪府堺市で2012年にオープンした「パン ド サンジュ」。元デザイナーのオーナーが考案した“とびばこ型の食パン”は、見た目の可愛らしさで好評となり、瞬く間に全国区のパンになった。

素材にもこだわり、北海道産の小麦と沖縄産のきび砂糖、卵など主原料は国産のものを使用。天然酵母で仕上げたやさしい味わいのオリジナルスイートブレッドだ。

高知産ゆずを使った季節限定商品

今回発売となるのは、国内生産量No.1の高知県産ゆずを使った、爽やかな果実味とゆずが香るコラボパン。

ミニとびばこ『ゆずショコラ』270円(税込)は、大粒のチョコレートと、シュガーが表面にコーティングされた「ゆずピール」を練り込んで焼き上げたもの。ゆずの爽やかな香りがパン全体に優しく広がり、チョコレートの香りや甘みと相性抜群。

ミニとびばこ『ゆず羊羹』サンド432円(税込)は、とびばこ2段目が「羊羹」になった新商品。国産小豆にゆず果汁を加えて作った、厚切りの自家製羊羹をパンでサンドしてあり、食べ応えも十分。羊羹の上品な甘味とゆず果汁の酸味がよく合う。いずれも販売は10月31日(土)まで。

また、ゆずピールをクリームチーズと共に生地に包んで焼き上げた、ミニとびばこ『ゆずクリチ』399円(税込)。ゆずの酸味とまろやかな「クリームチーズ」、パン生地のほのかな甘味とのマリアージュが楽しめる。販売は10月25日(日)まで。

マロングラッセを入れて包み焼き上げた「モンブランパン」

さらに、濃厚なマロンクリームとカスタードクリームの2層のクリームに、ラム酒で香り付けした大粒の「マロングラッセ」を入れて包み焼き上げた、ミニとびばこ「モンブラン」450円(税込)も登場。

濃厚で贅沢な味わいがパン生地とも相性よく、スイーツとしても楽しめる。販売は10月25日(日)まで。

今回の季節商品は、定番のとびばこパンとあわせて、大阪の本店のほか、東京・JR目白駅の「マンスリースイーツ目白」でも購入可能なので、チェックしてみて。

■「パン ド サンジュ」 住所:大阪府堺市西区津久野町1-8-15

元記事で読む