1. トップ
  2. グルメ
  3. 「XIRINGUITO Escribà」のバスク風チーズケーキがテイクアウト&EC販売開始

「XIRINGUITO Escribà」のバスク風チーズケーキがテイクアウト&EC販売開始

  • 2020.10.20
  • 1172 views

渋谷ストリーム3階にある、バルセロナで一番美味しいパエリアを販売するシーフードレストラン「XIRINGUITO Escribà(チリンギート エスクリバ)」。同店の人気No.1デザートメニュー「バスク風チーズケーキ」が、「エスクリバおじさんのバスクチーズケーキ」として、10月19日(月)よりテイクアウト&EC販売をスタートした。

濃厚でコクのある「バスク風チーズケーキ」

“バスク風チーズケーキ”は、さまざまな種類があるチーズケーキの中でも近年特に注目を集めている、スペイン・バスク地方で誕生したチーズケーキ。表面を真っ黒に焦がして焼き上げることで生まれるほろ苦さと、チーズの濃厚な味わいが特徴だ。

「XIRINGUITO Escribà」では、元パティシエの経歴を持つオーナーシェフのジョアン・エスクリバが2018年の日本上陸の際に、渋谷で本場スペインの味を楽しめる日本限定「バスク風チーズケーキ」をメニューイン。

ほどよい甘味と苦味のバランスが良く、しっかりと焦げ目をつけてクラシックに仕上げる「バスク風チーズケーキ」は、濃厚でコクがありながらも、口溶けが滑らかなので、軽さを感じながら味わうことができる。

直径9cmの小ぶりのホールサイズで、テイクアウトは1つから、ECサイトでは4つ以上から購入可能だ。

オーナーシェフをモチーフにしたパッケージ

ネーミング・ロゴデザインは、クリエイティブプロダクション「Dairy Fresh」の秋山具義氏が担当。「XIRINGUITO Escribà」オーナーシェフのジョアン・エスクリバをモチーフにした、誰からも慣れ親しんでもらえるようなオリジナルのパッケージデザインに仕上がっている。

「バスク風チーズケーキ」目当てに来店するファンがいるほど愛されている「XIRINGUITO Escribà」の定番メニューを、自分へのご褒美や大切な人への贈り物としてゲットしてみては。

元記事で読む