1. トップ
  2. レシピ
  3. トマトの酸味と甘味で味が深まる"サバとフレッシュトマトのスパゲッティ"|「リストランテ アクアパッツァ」日高シェフの"缶詰"パスタ③

トマトの酸味と甘味で味が深まる"サバとフレッシュトマトのスパゲッティ"|「リストランテ アクアパッツァ」日高シェフの"缶詰"パスタ③

  • 2020.10.18
  • 353 views

サバの旨味とトマトは相性抜群!サバ缶の汁ごと無駄なく使ったパスタです。絶賛発売中の「技ありdancyu 缶詰」では、プロならではの缶詰使いをご紹介しています。今回は、イタリアンの名店「アクアパッツァ」の日髙シェフのパスタのレシピをご紹介します。

トマトの酸味と甘味で味が深まる"サバとフレッシュトマトのスパゲッティ"|「リストランテ アクアパッツァ」日高シェフの"缶詰"パスタ③

■サバとフレッシュトマトのスパゲッティのつくり方


◇材料 (2人分)

サバ缶:1缶(水煮、160g入り)
スパゲッティーニ:120g
スパゲッティーニをゆでる塩:大さじ1強
トマト:小2個
じゃがいも:1個
ブロッコリー:1/2個
ズッキーニ:1/2本
エキストラバージンオリーブオイル:適量
塩:適量


(1)野菜をカットする
トマト、じゃがいもは小さめの一口大に切る。ブロッコリーは小房に分け、ズッキーニは幅4mmの半月切りにする。塩を加えたたっぷりの湯にじゃがいもを入れ、3分後にスパゲッティーニを入れる。さらに1分後にブロッコリーとズッキーニを加える。

(2)トマトとサバを混ぜる
大きなステンレス製のボウルにトマトを入れ、サバを缶汁ごと入れ、木ベラでサバをつぶしながら混ぜ、塩少々を加えて全体を混ぜる。ボウルを1の鍋の上にのせて温める。

トマトとサバを混ぜる
トマトとサバを混ぜる

(3)スパゲッティをあげる
スパゲッティーニの表示時間よりも1分30秒前に、1を鍋ごとザルにあけてゆで汁をきる。

(4)仕上げ
2のボウルに加えてエキストラバージンオリーブオイルを回し入れ、木ベラでじゃがいも、ブロッコリーをくずしながら全体を混ぜ、味をみて足りなかったら塩で調味して器に盛る。

完成
完成

――教える人

「日髙良実 「リストランテ アクアパッツァ」オーナーシェフ」

神戸生まれ。日本で修業後、渡伊。北部イタリアから南イタリアまで14軒もの店で研鑽を積む。帰国後、イタリア料理店のシェフを経て、1990年、東京・西麻布に「リストランテ アクアパッツァ」をオープン。2018年、南青山に移転し、現在に至る。日本各地から厳選した素材の持ち味を生かしたナチュラルなイタリア料理は斬新で、多くのファンを魅了し続けている。2020年の夏から、自らの動画配信サイトを立ち上げ、新しいチャレンジをスタート。


文と構成:中村裕子 写真:鈴木泰介

※この記事の内容はdancyuムック 「技あり!dancyu 缶詰」に掲載したものです。

元記事で読む