1. トップ
  2. ファッション
  3. 【今週の服装】定番コーデに「抜け感」をプラスした秋の着こなし7選【アラサー女子】

【今週の服装】定番コーデに「抜け感」をプラスした秋の着こなし7選【アラサー女子】

  • 2020.10.18
  • 2673 views

「CLASSY.ONLINE」で毎日更新している「今日の服装」。1週間分をまとめてお届けします。

ラフだけど上品な「シャツワンピ」コーデって?
カジュアルになりがちなシャツワンピは、ハリのある素材と鮮やかなブルーを選んで、上品な着こなしに。ラインを拾わないデザインなら、気になる体型をカバー。レオパード柄のビッグトートで、コーデにアクセントを加えれば完成。

ワンピース[共布ベルト付き]¥78,000(マディソンブルー/マディソンブルー)サングラス¥35,000(アイヴァン/アイヴァン PR)ピアス[片耳価格]各¥24,000(ともにアビステ)リング¥143,000(ウノアエレ/ウノアエレ ジャパン)すにかー¥6,500(コンバースインフォメーションセンター)バッグ¥65,000(ア ヴァケーション/アマン)

『CLASSY.』2020年11月号より

着痩せする「トップスINしない」コーデって?
太って見えがちな「オールホワイトコーデ」は、クロップトニット×ワイドパンツのAラインシルエットが◎。トップスINしない着こなしで、気になるお腹まわりをカバーできます。ブラウンのビッグトートで、秋感をプラスして洗練された着こなしに。

ニット¥11,500(ビューティ&ユース/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店)Tシャツ¥10,000 サンダル¥38,000(ともにウィム ガゼット/ウィム ガゼット ルミネ新宿店)パンツ¥32,000(クロエ ストラ/エリオポール代官山)バッグ¥79,000(ガブリエル フォーサック/RHC ロンハーマン)

『CLASSY.』2020年11月号より

通勤パンツを使った休日コーデとは?
通勤仕様のキレイめパンツは、オーバーサイズのニットカーデをゆるっと合わせることで、一気に休日モードにシフト。ハイウエストのワイドパンツなら、体型をカバーしつつ大人っぽくキマります。赤のロゴTと肩がけのミニバッグで、可愛らしさをプラスして。

パンツ¥8,800(ザ・スーツカンパニー/ザ・スーツカンパニー 銀座本店)カーディガン¥38,000(アダワス/ショールーム セッション)Tシャツ¥5,800(スピック&スパン/スピック&スパン ルミネ有楽町店)バッグ¥27,000(ロンシャン/ロンシャン・ジャパン)パンプス¥25,000(ツル バイ マリコ オイカワ)サングラス¥34,000(アイヴァン/アイヴァン PR)イヤリング¥5,000(ユニュ リーニュ/ZUTTOHOLIC)時計¥30,000(ダニエル ウェリントン/ダニエル ウェリントン カスタマーセンター)

『CLASSY.』2020年11月号より

 

男ウケ抜群の「ワンピースコーデ」とは?
女性らしさと大人っぽさを両立したワンピースコーデなら、色味を2色に抑えるのがポイント。旬のベージュトーンにパープルのカーディガンを重ねれば、立体感あるスタイルになります。ギャザーがたっぷり入った袖口で華奢さを演出して、レザーバッグでシックにまとめると◎。

シャツワンピ¥23,000(リリカ/アーバンリサーチ ロッソ ルミネ新宿店)カーディガン¥12,000(ルーニィ)バッグ¥69,000(ボナベンチュラ)パンプス¥36,000(ピッピシック/エストネーション)イヤリング¥2,300(アネモネ/サンポークリエイト)

『CLASSY.』2020年11月号より

華やかさがある「メンズライクコーデ」って?
メンズライクなチェックパンツは、アンクル丈で女らしさを残して。洗練されたグリーンのニットは、クルーネック&スリットが入ったものを選べば、華奢見え要素に。足元のローファ―は、ブラウンを選んで抜け感をプラス。

ニット¥27,000 パンツ¥33,000(ともにスローン)ローファー¥100,000(ジェイエムウエストン/ジェイエムウエストン 青山店)ネックレス¥37,000<MARIHA>リング¥21,000<MARIA BLACK>(ともにショールーム セッション)

『CLASSY.』2020年11月号より

 

着痩せ抜群の「セットアップコーデ」とは?
股下の長いワイドパンツなら、気になる体型をカバーしつつ脚長効果にも繋がります。微光沢&ハリのある素材なら、上品な仕上がりに。ベレー帽もベージュで揃えれば、まとまりのあるコーデに。

Tシャツ¥6,800 パンツ¥16,000ジャケット¥24,000(すべてアンクレイヴ)バッグ¥26,000(TOFF&LOADSTONE/T&L)シューズ¥67,000(マローン スーリエ/エストネーション)ベレー帽¥6,200(CA4LA/CA4LA ショールーム)ピアス¥69,000 バングル¥48,000(すべてAGMES/バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター)

『CLASSY.』2020年11月号より

重く見えない「ブラックコーデ」の着こなしって?
重くみえがちなブラックコーデは、透け感あるボウタイブラウスで抜け感をプラス。小粒のドットなら、ほどよい華やかさを演出してくれます。ユーズドデニムでカジュアルさを底上げしつつ、白のバッグとパンプスでモノトーンにまとめるのが正解です。

ブラウス¥26,000(フォンデル/ユナイテッドアローズ 有楽町店)カーディガン¥36,000(エンリカ/フラッパーズ)デニムパンツ¥19,000(レッドカード/ゲストリスト)バッグ¥142,000(J&M デヴィッドソン 青山店)シューズ¥58,000(ブロック コレクション/ロンハーマン)サングラス¥35,000(モスコット/モスコット トウキョウ)ピアス¥5,155 バングル¥9,546(ともにアビステ)

『CLASSY.』2020年11月号より

再構成/CLASSY.ONLINE 編集室、上野ほのか
※本記事は過去の「CLASSY.」を再編集したものです。完売の可能性がありますのでご了承ください。

元記事で読む