1. トップ
  2. メイク
  3. 勝手に諦めてない?赤リップを楽しむための3つのキレイルール

勝手に諦めてない?赤リップを楽しむための3つのキレイルール

  • 2015.5.17
  • 9373 views

「チャレンジしてみたいけど、やっぱりいつものリップにしちゃおう……。」
赤リップに挑戦してみたいけど、自分にはちょっと…と買う前から諦めたりしていませんか?

最近は、派手め赤リップを塗るのがトレンドとなっていますよね。しかし、顔のかたちやその人の雰囲気によっては似合わない場合もあるのです。しかし、ポイントさえおさえれば、誰でも赤リップを楽しめるようになるんですよ!

そこで今回は、赤リップを楽しむための3つのメイクルールについてご紹介します。

■自分に似合う「赤」を見極めよ!

赤といっても、真っ赤のものもあれば、オレンジがかったものもあり、それぞれ少しずつ色味が異なります。自分に似合う赤リップをみつけるためには、赤の中でも、肌の色味や雰囲気に合わせて選ぶ必要があるのです。

一般的に日本人の肌色に似合う色はオレンジがかった赤といわれていますが、色白さんの場合は、純粋な赤の方が似合う場合も……。

最初からコレ!と決めつけず、テスターで試すなどして、自分に似合う「赤」をみつけだしていきましょう。

■肌色をコントロールする

日本人の肌はもともと黄色がかっているため、赤のリップが似合いにくいのです。もともと肌が白いならそのままリップを塗っても構わないですが、ほとんどの方が肌の色をコントロールする必要があります。赤リップが似合う顔にするためには、ピンク系のコントロールカラーや下地をつかって、肌の黄色みをおさえましょう。こうすることによって、赤の発色が自然にみえるようになります。

■ベッタリと塗りすぎないこと

赤リップをベッタリ塗りすぎてしまうと、ギラギラした印象になってしまいます。あくまでも色味を付け足す程度でいいので、リップを塗った後に「付けすぎかな~?」と感じるなら、ティッシュオフをしておきましょう。マットな質感を選んでしまうと、春夏の透け感が感じられなくなるので気をつけてくださいね。唇の中央だけ塗って、リップブラシで広げていけば、赤リップが目立たなくなります。ティッシュや塗り方を工夫してみましょう!

いかがでしたか?

春夏も赤リップを楽しむためには、ベッタリと塗りすぎない、そしてマットな質感を選ばないことがポイントに。また、赤リップを濃く塗るなら、チークは薄めにと鏡をみながら、メイクが濃くならないように全体のバランスを調整しなくてはいけません。みんなの憧れフェイスになるためにも、赤リップの使い方をマスターしておきましょうね!