1. トップ
  2. 恋愛
  3. 知り合った男性が恋愛を意識する女性にやること7つ

知り合った男性が恋愛を意識する女性にやること7つ

  • 2020.10.15
  • 4322 views

知り合った男性が、恋愛を意識した女性にだけやることがあります。ここでは、男性が「この女性と愛しあいたい」と思ったとき、相手にその気持ちを意識させるためにやることを7つご紹介しましょう。

女の子の気持ちを捉える音楽を聴かせる

ふたりきりになったとき、さりげなく女の子の気持ちを捉えるために、ムードがある音楽やドキドキするような歌詞の曲を選んで流します。


この音楽は、「俺の好きな気持ちを感じ取ってよ」という意味で流すでしょう。中には、ノリのいいダンスミュージックを流して、女性を楽しませ、いい気分にさせてからふたりの世界を作り上げることで「好き」との気持ちを伝える男性もいます。

友達を先に帰らせる

友達を先に帰らせて、ふたりきりになるよう考えて行動する男性は、女性に強い恋愛感情を持っているとわかります。大切な友達よりも女性を選び、ふたりきりになりたがるのは、女性と早く付き合ってみたいとの感情があるとわかります。


そして、女性にその気持ちが伝わるようにわざと友人を帰して、部屋にふたりきりになれば、女性にキスをしたり、そのままベッドインして、愛し合えるといいなと考えているのです。

無言でギュッと肩を抱き寄せる

無言でギュッと肩を抱き寄せ、女性をドキドキさせることで、好きという気持ちをさりげなく伝えています。男性としては、特別な存在であることをアピールするために肩を抱き寄せます。


それも男らしく、無言で力強く引き寄せるのなら、強い恋愛感情があり、女性の気持ちをつかみたいと分かるのです。

椅子を引いてくれる

恋愛がしてみたい女性にだけ椅子を引いてきます。みんなの見ている前でも紳士的に椅子を引くのは、「俺はこの人が好きだから」と公言アピールしているのです。


そして、椅子を引いた後に「どうぞ」と言いながらニコッとほほ笑むのは、女性を惚れさせたいと思うから。


こういった椅子を引く男性は、「僕はこんなにも女性に優しい紳士的な男性なんだよ」とさりげなくアピールをして、女性に好意を持ってもらえるように行動をします。

雨の日に傘をさして待っている

雨が降る中、背中や腕が濡れても傘をさしてくれる男性は、恋愛感情があるとわかります。男性の優しさをさりげなく伝えて、女性の気持ちをつかみたいと考える男性は、自分が雨に濡れても気にせず、傘をさしてきます。


傘をさすことで男性は「俺と付き合ったら君のことをずっと守るよ」と伝えて、女性に「こんな男性となら安心して付き合えそう」と感じてもらいたいと思うのです。


何度も雨の日に女性を待ち伏せし、傘をさしてくれるのは、なかなか言葉では気持ちを伝えられない奥手の男性がやることが多いです。


このストレートに気持ちを伝えられない奥手の男性は、「好きなんだ。付き合ってほしい」と気持ちが強くなると傘をさして、好意があることを伝えます。

自分の武勇伝を話してくれる

家族にも話していない、過去に起こした武勇伝を話してくるのは、かっこいい話を聞かせることで女性の気持ちをつかみたいと思っています。


こういった男性は、過去の武勇伝を話すことで自分をかっこよく見せたいと考え、「俺ってほかの男にはない、こんなクールなところがある男なんだよ。付き合ってくれたら君をかっこよく愛してあげるよ」と伝えているのです。

手を握ってくるようになる

手を握ってくるようになるのは、男性が「君とつながっていたい」と、自分の好きな気持ちを伝える方法です。好きな人に対して、自分の体の一部が触れることでふたりはカップルのように、親しい関係になれたようで嬉しいと伝えています。

まとめ

男性が恋愛をしてみたいと思う女性には、肩を抱き寄せたり、武勇伝の話をするなど、あなたが自分にとって付き合ってみたい特別な存在だよと伝えてくる機会が増えるでしょう。


そして、本気で付き合ってみたいと思う女性だからこそ、相手が胸キュンするようなアピールをしてみせます。


そんな男性が自分に興味を持ったなら、女性のほうからも手を握ってみたり、友達を先に帰らせてみれば、男性に付き合ってもいいよとうまく気持ちを伝えられるでしょう。


(ハウコレ編集部)



元記事で読む