1. トップ
  2. 恋愛
  3. 終わりよければ全てよし!ピークエンドの法則を意識してデートの締めをよいものに

終わりよければ全てよし!ピークエンドの法則を意識してデートの締めをよいものに

  • 2020.10.14
  • 968 views

みなさんはデートをするときに、最も印象に残りやすいピークとエンドを意識していますか?


おそらく、そんなこと一切考えずにデートをしていたという方が多いでしょう。実は、ピークとエンドを意識することで相手にとっても印象に残りやすいデートにすることができるのです。


今回は、そんな恋愛の場でも活用できる「ピークエンドの法則」を解説していきます。

そもそもピークエンドの法則って?

心理学や行動経済学の分野でも知られるピークエンドの法則ですが、この法則は簡単に言ってしまえば、どの場面でもピークとエンドは印象に大きく影響を及ぼすひとつの指標、というもの。


要するに、ピークとエンドさえ意識しておけば、相手が自分もしくはデートそのものに抱く印象をコントロールすることができるのです。

分かりやすいピークエンドの法則の具体例

では、ピークエンドの法則をさらに分かりやすく説明するために、ひとつ具体例をあげて説明していきます。


みなさんのほとんどは映画を見たことがあると思いますが、当然中には感動する大作や、つまらないものまであります。


最終的な映画の印象を決めるのはやはり、ピークとエンドにあります。当然、導入部分も重要ですが、最終的な印象の決め手となるのは最も盛り上がりをみせるピークとエンドにあり、これの法則を示すのが「ピークエンドの法則」にあるというわけです。

ピークを上手くつくる方法

では、実際に好印象を相手に持たせるための具体的な方法の説明に移りますが、まずはピークをいかに上手く作るかということ。


ピークは先ほども説明したように、エンド同様盛り上がりを十分に見せる部分のことをいいますが、ピークがエンドとは限りません。


つまり、わざわざエンドをピークにする必要性はなく、デートの中盤でピークを催し、あとはその後の展開を楽しむというのもひとつの手です。


実際にピークを作る際には、どこをピークとするのかを事前に決めておくとよいかと!

エンドを上手く作る方法

続いて、エンドをうまく作る方法に移りますが、ピークをエンドに置きたいという方は、当然別れの際に何かを催さなければいけません。


映画のように、思いもよらぬ展開で締め括るかは自由ですが、やはりエンドをピークと置くのであれば、何かしらのよいハプニングを起こさなければいけません。


ハプニングといっても、相手の印象にさえ残ればよいので、相手をキュンとさせたり深い意味をもつ言葉をかけてあげるだけでも効果は十分みられるはず!

最後がとくに重要!いい印象を相手に与えて最高のデートに!

今回は、恋愛や仕事の場でも活用できるピークエンドの法則について説明しましたが、ひとつ誤解してほしくないのは、エンドが必ずしもピークとは限らず、どこをピークにするかはあくまで個人の自由であるということ。


どちらにせよ、ピークは相手が抱く自分もしくはデートへの印象を決定づけさせるひとつの要因となるので、事前にどのようなピークを催すかを確認しておくとよいでしょう。


(ハウコレ編集部)

元記事で読む