1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 寝ている赤ちゃんを起こしてまでテレビ電話!?義父の要求に振り回され…

寝ている赤ちゃんを起こしてまでテレビ電話!?義父の要求に振り回され…

  • 2020.10.13
  • 31378 views

現在、スペイン人の夫と1歳の娘の3人暮らしをしています。スペインに住む義父は娘が生まれて1週間後から、娘の顔が見たいと毎週土曜日23時にテレビ電話をしてくるようになりました。日本との時差は8時間(サマータイムは7時間)。その時間はちょうど娘が寝ているとき。それなのに自分の父親を喜ばせようと娘を無理矢理起こす夫に、困ってしまいました。このときの私の体験談をお話ししたいと思います。

まだ見ぬ娘への関心

77歳の義父にとって、娘は初孫でした。義父は年金でのひとり暮らし。趣味といえば「テレビを見ることと毎朝パンを買いに行くこと」と夫が言うくらい、時間を持てあます生活をしていました。

娘が生まれてから、義父の関心は娘に向き始め、義母が他界してからはますます「義父の趣味=娘」になりました。日本に住む娘は初孫だし、義父はスペインに住んでいて会えないから仕方ないかとも思うのですが、だんだんその要求が私の負担に。

義父の要求

義父は私たち夫婦に「毎日、動画を送って」「毎週土曜日にはテレビ電話で話したい」と言ってくるのでした。夫も遠く離れた父親のためだと言いながら、「僕は撮影下手だから」と私任せ。一番困ったのは、毎週土曜日の夜のテレビ電話。スペインではお昼ごはんを14時くらいから1、2時間かけて食べるのが風習のようで、そのあとに電話したいとのこと。

しかし、その時間、日本は23時(サマータイムは22時)。娘は寝ていたり、夜間でグズグズしていたり。自分のスケジュールにあわせて電話をかけてくる義父に私はイライラしていました。

ついに私の怒りがMAXに

それでも、唯一の楽しみが娘の顔を見ることだし、夫も娘の世話をしてくれるからと義父の要求に応えていました。しかし、それまで寝かしつけをしていた夫も、娘が添い乳で寝るようになったため、寝かしつけが私の役目に。家事に、仕事に、娘の世話。ハンドクリームを塗る時間ももったいないくらいの忙しさです。

ある土曜日、娘をやっと寝かしつけたと思ったら、義父から電話が。断って欲しいと夫に言っても聞かず、夫が娘を起こしました。気持ち良く寝ていた娘はギャン泣きし、再び寝かしつけるのに2時間。ついに私の堪忍袋の緒が切れました。

解決策としてしたこと

このままでは娘にも、自分たちの関係にも良くないと、次の日、夫と話し合ってテレビ電話のルールを決め、それを義父に理由とともに伝えてもらいました。「テレビ電話は娘が眠る時間を避けてもらう」「忙しいときは、電話のかわりに夫と娘をビデオで撮影したもので済ませてもらう」。

夫にも、私抜きで義父の対応をしてもらうようにしました。義父も赤ちゃんというものがどういうものかわかっていなかったようで、理由を聞いたら納得してくれました。

義父との関係も悪化させたくないし、娘の負担にならないようにするためにどうしたら良いかと考え夫と一緒に作ったルール。理由と合わせて義父に言いたいことを伝えたことが、解決につながったのだと思います。自分が我慢し過ぎてストレスをためてしまうのも、子どもにも夫との関係にも良くないということにも気づきました。

監修/助産師REIKO


著者:成谷 凛音

仕事をしながら1歳の女の子を子育て中の母。夫はスペイン人。臨床心理士として活動しているほか、書籍(著書:『輪廻の羽根』/文芸社)や記事の執筆などをおこなう。

ベビーカレンダー編集部

元記事で読む