注目アイコン システムメンテナンスのお知らせ
  1. トップ
  2. インテリア
  3. カーテンのおしゃれなコーディネート実例!部屋を素敵に見せるコツを紹介♪

カーテンのおしゃれなコーディネート実例!部屋を素敵に見せるコツを紹介♪

  • 2020.10.12
  • 10009 views

おしゃれなカーテンコーディネートを紹介

部屋のインテリアで家具と同じくらい大切なのが、カーテンのコーディネート。大きな窓を飾るカーテンは部屋の印象を作る効果があるので、カーテンのコーディネートはインテリアの大切なポイントです。

そこで今回はおしゃれなカーテンコーディネートのコツについて、実例を紹介しながらお話しします。部屋別にカーテンコーディネートを紹介するので、新築や引越しの時の参考にしてくださいね。

カーテンコーディネート実例《リビングダイニング》

天然木家具に合うリネンカーテン

リビングダイニングの窓は大きいので、カーテンコーディネートは部屋の印象を左右する大きなポイントです。

そのためリビングのカーテンは部屋の雰囲気に合うものをコーディネートすることがコツ。

実例コーディネートのような天然木を使ったリビングには、ナチュラルなリネンカーテンがよく合いますね。

天然木もリネンも温かみがあるので、コーディネートすることでリビングにより温かみが出ますよ。

光を呼び込むレースカーテン

日中過ごすリビングダイニングは太陽の光を取り込んで、明るい空間を作りたいですよね。

レースカーテンのコーディネートは太陽光を通すだけではなく、部屋に上品な印象を与えてくれます。

レースカーテンのコーディネートは部屋を広く見せたい時にもおすすめですよ。

写真の実例コーディネートのように、無地ではなく刺繍の柄が入っているものはインテリアのおしゃれなポイントとして使うこともできます。

絵のように飾れるカフェカーテン

小さな窓におすすめなのが丈の短いカフェカーテンのコーディネート。

長いカーテンで大きな柄が入っているデザインを選ぶと、カーテンばかりが目立ってしまいますよね。

ですが写真のような小さなカーテンは、柄がインテリアのおしゃれなアクセントになりますよ。

写真の実例コーディネートのようなモダンなデザインのカフェカーテンは、絵を飾るような感覚でインテリアに取り入れることができますね。

広い空間を作るバーチカルブラインド

ブラインドをカーテンとして使うのも人気のコーディネート。縦型のバーチカルブラインドは縦線を強調するので、天井が高く部屋の空間を広く見せますよ。

写真のリビングダイニングはバーチカルブラインドをコーディネートすることで、実際よりも広々とした空間に仕上がっていますね。

実例コーディネートで分かるように、バーチカルブラインドは程よく外の光が入るので日中も快適に過ごせますよ。

シーンに合わせて使えるシェードカーテン

光を自在に調節したい時に便利なのが、シェードカーテンのコーディネート。

シェードカーテンは下ろす高さを調節できるので、外の明るさに合わせて使えますよ。

実例コーディネートのようにレースと厚地のカーテンを二重にすると、より光の調節がしやすいです。

それぞれのカーテンの下ろす高さをあえて変えることで、生地のコントラストがリビングダイニングをおしゃれに彩るアクセントになります。

おしゃれで機能的なウッドブラインド

横型ブラインドをカーテンとして使う時におすすめなのが、ウッドブラインドのコーディネート。

ウッドブラインドはオフィスで使うものとは違い、ナチュラルな温かみがあるのでリビングダイニングにおすすめです。

写真の実例コーディネートのように天然木の家具とウッドブラインドの色味を合わせれば、部屋に美しい統一感を出すことができますよ。

機能性とデザイン性を叶えるコーディネートです。

マンションにおすすめのバーチカルブラインド

1LDKのマンションなど狭めの部屋を広々と見せたいなら、バーチカルブラインドのコーディネートがおすすめ。

縦線が強調されるバーチカルブラインドは天井を高く見せてくれるので、一人暮らしのマンションでも広々と過ごせますよ。

実例コーディネートは、シャープなバーチカルブラインドが部屋にすっきりとした印象を出していますね。

隙間から差し込む光が手元を明るく照らしてくれますよ。

カーテンコーディネートの選び方《寝室》

朝日で目覚めるレースカーテン

朝の光で目覚めたい人におすすめなのが、レースカーテンのコーディネート。

実例コーディネートはレースカーテンのみを使用しているのが特徴的ですね。

レースカーテンだけなので、部屋に広々とした開放感があります。最近はレースカーテンでも外から部屋が見えないタイプもありますよ。

新築を考えている場合は、写真のようなアンティーク調のおしゃれなカーテンレールを取り入れるのもおすすめですね。

心地よい眠りを誘う星空カーテン

寝る前の時間を過ごす寝室には、リラックスできるようなデザインのカーテンがおすすめ。

写真の実例コーディネートは、紺地に白い星が散りばめられた星空柄のカーテンを使っているのがおしゃれですね。

紺色は心を落ち着かせる効果があるので、寝室のカーテンとして最適ですよ。

柄が入っているカーテンを選ぶ時は、部屋のインテリアをできるだけシンプルにまとめるのがインテリアとしておしゃれです。

部屋を温かくしてくれる暖色カーテン

カーテンをインテリアのアクセントとして活用するなら、鮮やかな色のカーテンコーディネートもおすすめ。

鮮やかな色でも赤や黄色ではなく実例コーディネートのようなオレンジ色のカーテンは、安心感を与えてくれるので寝室にもおすすめです。

写真のコーディネートは北欧調のベッドカバーにオレンジ色のカーテンがきれいに馴染んでいて、寝室全体がおしゃれでモダンな空間に仕上がっていますね。

高級感を与えてくれるグレーカーテン

ホテルのような高級感のある空間を作りたいなら、おすすめなのがグレーのカーテン。

グレーのカーテンは、他の色のカーテンに比べて生活感が出にくいところが特徴です。

グレーでも実例コーディネートのように薄いグレーのカーテンは、全部閉めても圧迫感が出ないので部屋に取り入れやすいですよ。

グレーのカーテンに写真のような真っ白な寝具をコーディネートすることで、より高級感が出ますね。

家具と揃えるウッドブラインド

寝室を温もりのある優しい空間に仕上げたいなら、家具を天然木で揃えるのがおすすめ。

写真の実例コーディネートでは家具だけではなく、カーテンにも天然木のウッドブラインドを使っているのが印象的です。

天然木をたっぷり使っているインテリアコーディネートは、森林の中で眠るような安心感を与えてくれますよ。

写真のようなナチュラルなリネン素材の寝具は、温かみのある天然木によく馴染みますね。

開放感のあるホワイトブラインド

狭い部屋を広く見せたい場合は、全体を白でまとめるコーディネートがおすすめ。実例コーディネートは部屋の全てを白でまとめているのが印象的です。

ブラインドの色を白にすると部屋にグンと開放感が出るので、1LDKなどの寝室が狭めのマンションなどにおすすめのコーディネートですね。

写真の寝室は壁面全体が窓になっているので、ブラインドを全て上げれば外と繋がるような開放感が出るのが魅力です。

カーテンコーディネート実例《キッチン》

キッチンでも活躍するレースカーテン

シンプルなレースカーテンはキッチンにも取り入れやすいアイテム。

キッチンはカウンターや棚など白を基調としていることが多いので、白いレースカーテンがきれいに馴染みます。

透け感のあるレースカーテンは外の光がよく入るので、料理している手元を明るく照らしてくれますよ。

レースカーテンは幅広く使いやすいので、全ての部屋で同じレースカーテンをコーディネートするのもおしゃれですね。

料理が楽しくなるフリル付きカーテン

キッチンには他の部屋では使いにくいデザインのカーテンを使うのもおすすめ。

キッチンは調味料や家電など色々な物が置いてある場所なので、個性的なデザインのカーテンコーディネートもおしゃれに馴染みやすいです。

写真の実例コーディネートは、レースでもフリルが付いているキュートなカーテンを取り入れていますね。

ガーリーなフリルカーテンもキッチンではナチュラルに馴染むのが特徴です。

アクセサリーのような小さなカフェカーテン

すりガラスのように不透明な窓の場合は部屋を隠す必要がないので、カーテンをインテリアのアクセントとして使うのがコーディネートのコツ。

部屋の中を隠す必要がないので、自由に窓を飾れるのが楽しいですよね。

写真の実例コーディネートは、とても小さなカフェカーテンをアクセサリー感覚で使っているところがおしゃれ。

部屋の窓がすりガラスの場合は、窓を自由に飾れるチャンスですよ。

都会的でおしゃれなウッドブラインド

白ベースのシンプルなインテリアに温かみが欲しい時もありますよね。

シンプルな白ベースのインテリアには、温かみのあるウッドブラインドをプラスするのがおすすめ。

ウッドブラインドは温かみがありながらもファブリックカーテンより都会的な印象があるので、モダンなキッチンに仕上がりますよ。

実例コーディネートのように明るいベージュのウッドブラインドは、部屋に優しい印象が出ますよね。

個性が光る手作りカーテン

様々なデザインを取り入れやすいキッチンには、遊び心があるカーテンをコーディネートするのもおしゃれのコツ。

実例コーディネートのように好きなデザインの布を使ってカーテンを手作りするのもおすすめですよ。

写真のキッチンは、無地とストライブ柄の二枚の布を組み合わせてカーテンにしているところがおしゃれです。

カーテンレールの代わりに文房具のクリップを使っているところが暮らしのコツですね。

カーテンコーディネートの選び方《まとめ》

新築や引越しの時カーテン選びは後回しにしがちですが、どんなカーテンを選ぶのかで部屋の印象が大きく変わりますよ。

もしカーテンコーディネートで迷った時は、幅広く使いやすいシンプルなレースカーテンを選ぶとインテリアを作りやすいです。

今回はおしゃれなカーテンコーディネートの選び方を部屋別に紹介しました。ぜひ自宅に似合うカーテンを見つけて部屋をおしゃれに彩りましょう。

元記事で読む
の記事をもっとみる