1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. “木のある暮らし”を提案するWEBマガジン「Love Kinohei」がリニューアル

“木のある暮らし”を提案するWEBマガジン「Love Kinohei」がリニューアル

  • 2020.10.10
  • 1138 views

“木のある暮らし”を提案するWEBマガジン「Love Kinohei ラブキノヘイ」が、十と八で「木の日」とされている10月8日に合わせてリニューアル。公共施設における国産材活用事例を紹介するなど、“木の街づくり”をテーマに組み入れたサイトに生まれ変わった。

“木の街づくり”の魅力を紹介

「Love Kinohei ラブキノヘイ」は、日本の木を使った“木のある暮らし”や“木の街づくり”の魅力を伝えるため、雑誌・TVなどのメディアと連動しながら、様々な角度から情報を発信するサイト。

これまでは、木塀やウッドデッキなど、民間の外構設備の事例紹介を中心に行っていたが、リニューアル後は、構造材・内装材に木材を使った公共施設(学校・保育園・病院・老人ホーム・駅・庁舎など)や公共の場に設置される外構部の事例まで広げ、一般消費者や事業者に“木の街づくり”の魅力を紹介するオウンドメディアとして一新した。

子ども向けコンテンツなど随時追加予定

今回は、新たなコンテンツとして、「木のある暮らし・木の街づくりのメリット」のほか、「キッズ:ジグソーパズル」が追加。さらに、今後は子どもの家具をDIYでつくる手引きや、森林資源の活用が環境維持に貢献することを描いた絵本など、家庭での木育に役立つコンテンツも公開予定だ。

11月より順次追加予定のコンテンツには、「コラム:木のある暮らし・木の街づくり最新事例」「木のある暮らし・木の街づくりギャラリー」「木育につながるDIY:初めての家具を国産材で『ファーストチェア・ちゃぶ台』」「キッズ:『モクモクはどこからきた? 』e-book絵本・動画・塗り絵」などが用意されている。

SDGsが注目される中、今後も国産材を使うことの重要性や、Withコロナでも人にやさしい快適な生活環境のヒントになる視点など、“木のある暮らし”を提案していくという。

日本人にとって身近な素材である木。木のことをもっと知って、日々の暮らしに上手に取り入れたい。

元記事で読む